SuMiKaでさがそうマイクロリノベ

デザイナーさんとつくる
ジャストサイズの
壁面収納

43万円

5年越しで考えた理想の壁面収納ができた!

つくった人
大沼勇樹さん

デザイナー兼製作者

たのんだ人
久山弘史さん・久山亜希子さん

コピーライター

どんどん物が増えるから収納が足りない

子どもの成長とともに、おもちゃ、本、自分の漫画など、物がどんどん増えて しまったので、たくさん入る壁面収納が欲しかったんです。左下のスペースはオープンにして子どもが頻繁に使うものをしまう場所に。あとはPCとプリンターの置き場所をつくる、エアコンの排気口を隠す、というのをお願いしました。

つくりながらかんがえる

他にもディスプレイスペース、普段使わない物はソファの後ろへなど、久山さんが 5年越し(!)で考えた具体的なイメージがあったのでそれをベースにして作りました。でも、エアコンの配管周りだけは最後まで図面に起こせなくて…。最終的に図面で解決できないところは、作業場で組み立てながら考えて作っていきました。

家族みんなで設置したのが楽しかった

心配していたエアコン周りも、最終的にとてもきれいに仕上げてくれたので「さすが!」と感激しました。設置の日は、子どもたちも電動ドリルを持って一緒に扉を付けたりと、家族でものづくりを体験できたのもよかった。自分で作れば、より愛着が持てますしね。左上の「宝物入れ」と呼んでいる小さな収納も、はじめは冗談で言っていたんですけど、大沼さんがチャーミングに仕上げてくれました。手作りならではの温かみを感じられる棚ができてうれしいです。

ホームセンターの材料でも素敵に作れる

この収納棚は、ホームセンターで揃う材料だけで作ってみました。チープな感じにならないように、表面に無垢の板を張って木の風合いを出すなどの工夫をしています。結果的に、材料面でのコストを抑えられたのはよかったかな、と。あとは棚の周りの隙間をすべて木で埋めて、壁との一体感を出したこともポイントです。今回みたいにものづくりを見たり、一緒にやることで、お子さんたちがものづくりに興味を持ってもらえたらいいですね。

完成しました!!

  • 記事中に表示した価格や施工内容は、あくまでも当案件固有の条件によるものです。
    同様の施工を行う場合でも、状況や条件により施工価格や施工方法は異なることがありますので、
    その点ご注意ください。