SuMiKaでさがそうマイクロリノベ

職人さんとつくる
ポータブルな
DJブース

28万円

施主さんの自由な発想と職人技のコラボが生む逸品

つくった人
靍田俊介さん

chidoriashi 二級家具製作技能士

たのんだ人
山本学さん

Sturdy Style デザイナー

DJブースとレコードを運びやすくしたい

DJブースとレコードが1,500枚くらいあります。はじめはレコードを入れた箱を積み重ねてDJブースにして、ブースごと持ち運びできるようなコンパクトなものを考えていました。イベントのときのレコードの出し入れやこの先の引っ越しの際に運びやすくしたくて。

デザイン、性能、構造のバランスに苦心

機材とレコードがなんせ重いので、積み重ねた箱だけだと強度が足りないんです。かといって無垢の木で普通の棚をつくると棚自体が重すぎる。そこでフレームにレコード箱を入れることにしたんですけど、実はフレームで強度を出すのもけっこう大変で…。見えないところに技を施しているんです。

職人さんととことん話して満足いく形へ

はじめ考えていた形は構造的に難しかったけど、レコード箱は実現してもらえて。結果的にフレームに入れる形になったけど、フレームは軽くて移動が簡単だし、引っ越しも楽そうです。立ちやすいように考えられた足下の奥行きや配線口、レコードの出しやすさ、木目の揃ったデザインの美しさなど、細部まで配慮が行き届いたつくりがうれしい。一緒につくると「この形」である理由にも納得できるし大満足です。

ハードルが高くてもやりがいと刺激に

山本さんのビジョンがしっかりあったので、はじめは面倒に感じたことも…というのは冗談で(笑)。自分もDJをやるから気持ちは理解できたんです。希望を叶えるためのハードルは高かったけど、やりがいもあったしすごく刺激になりました。異素材の組み合わせも自分のテーマなので箱にアルミ、レコード棚の鏡板に鉄を用いて、木の家具ならではの温もりとシャープなカッコよさが出せたかなと思います。

完成しました!!

  • 記事中に表示した価格や施工内容は、あくまでも当案件固有の条件によるものです。
    同様の施工を行う場合でも、状況や条件により施工価格や施工方法は異なることがありますので、
    その点ご注意ください。