SuMiKaでさがそうマイクロリノベ

建築家さんとつくる
狭小なのに
広がりのある家

1840万円

建坪9坪弱でもぜんぜん狭くない!

つくった人
中辻正明・雅江さん

中辻正明・都市建築研究室

たのんだ人
細川和俊さん

ファッションブランド勤務

気になっていた建築家さんをサイトで発見

住んでいた家が震災で傾いてしまったため、建て直すことに。『建もの探訪』で中辻さんを知っていたのですが、サイトで見てやっぱりいいなと。自分の勤め先と中辻さんの事務所が同じ恵比寿だったのもラッキーでした。

優先順位をつけて「こうしたい!」を実現する

長屋形式の建物を分断して一戸建てにしたため、建坪がより狭くなってしまって。それでも「トイレは2つないと困る」などのご希望は生かしました。ブレない細川さんのおかげでメリハリのある楽しいお宅になったかと。

夫婦の想いがこもったこだわりのキッチン

キッチンには特にこだわりました。子どもを見ながら料理をしたいという妻と、料理好きな僕の希望をあわせた結果、オーダーのアイランド式ステンレス製キッチンに。お気に入りのキッチンにできたことで、子どもと一緒に料理をする時間も増えました。グリーンが好きなので、洗面台のシンクもイタリアから自分で取り寄せて…これらの細かい要望も中辻さんだからこそ対応してもらえたことで、ハウスメーカーでは無理だったかも。

広がりを感じられるよう行き止まりは作らない

端から端まで10歩で行けるほど小さな住宅なので、広がりを感じられるよう行き止まりを作らないことにしました。キッチンもカウンターを2m80cmと大きくとったので周りをぐるりと歩けるように。ベランダの床をグレーチングにして視界と風の抜けをつくる工夫もしています。1Fも洗濯室、脱衣所、トイレを兼ねた中央のスペースに扉をつけて通り抜けられるようにするなどで、全体的に狭さを感じない家にできました。

完成しました!!

  • 記事中に表示した価格や施工内容は、あくまでも当案件固有の条件によるものです。
    同様の施工を行う場合でも、状況や条件により施工価格や施工方法は異なることがありますので、
    その点ご注意ください。