建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
松原市に引越して2年と少し。
都会にはない風景があるのが良い。
(都会はそれはそれで良いけれど)

今の住まいから時折見れる夕日が素晴らしい。
あの夕焼けの向こうに何があるのか?
そう思える時間が素晴らしい。

そんな風景を新しい住まいでも見つけたい。 #アドバイス求む #コンパクト住宅・狭小住宅 #ローコスト住宅 #自然素材 #資金・ローン #土地
662d01aa-8784-4e8b-a770-6a2eed695a60
夕焼けは、本当に何故か心惹かれます。
2019年 1月 8日 20:24
写真じゃよく分からないですね(笑)
2019年 1月 8日 20:33
古来の日本式住居のように、内と外を完全に分離するのでなく、内からは外の空気感が分かり、外からは内の温もりが分かる。そんな家が理想です。
小さい頃は鍵っ子で、家に帰っても誰もいない事が多かったので、ただいまと言える雰囲気が醸し出せれば良いなぁ。
それは住む人が創り出すものかと知れないけれど。
2019年 1月 8日 20:38
政府の陰謀で・・(笑) 核家族が進んだせいでしょう。今や箱もの(老人福祉施設)が当たり前の時代です。親が子の面倒見れず、子が親の面倒見れない。最後は、病院行き。何かを変えないとおかえりという返事は遠のく
2019年 1月 8日 20:44
インターネットやSNSで地球の裏側が身近に感じられる一方で、身近なはずの家族が身近に感じられないと言うのは悲しいですね。そんな家族ばかりではないでしょうけど。

昔から好きな言葉で、「両手の届く範囲で幸せなら良い。」と言うのがあります。幸せの形は人それぞれ。自分の思う幸せに少しでも近づければと思います。
2019年 1月 8日 20:49
Default_user
この機能を利用するには、SuMiKaの会員登録が必要です
SuMiKaに登録すると、家づくりの疑問や悩みを建築家に相談できたり、建築家と1対1で直接メッセージをやり取りできます。理想の家づくりを叶えるために、ぜひSuMiKaをご利用ください。
いいね!した人
閉じる