建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
自分の思う「わがまま」を言葉にしてみました。

・妻の実家と自転車で行き来できる距離にしたい
 →近鉄南大阪線沿線 河内松原〜藤井寺間(松原市・羽曳野市・藤井寺市)

・住まいの面積としては60平米もあれば十分だと思う。
 →部屋は壁の仕切りが無い繋がった空間という感じ

・床はモルタルとフローリングで場所によって使い分けたい。

・小さくても庭か、庭や自然を感じられるスペースが欲しい。
 →パーマネントに変わらない風景であれば借景でも良い(古墳近くとか)

・今は所有していないがクルマを駐車するスペースが欲しい。
 →軽自動車で十分 地域的にクルマが無いと不便

・室内はどこにいても明るく、ある程度のプライバシーを守れる家。
 →自然光を取り入れられる方が好み

・土間(自転車置場・作業場所・練習場所・室内干し?)があると良い。
 →ロードバイク3台を壁面に掛ける 2畳くらい リビングに繋がっていても良い

・リビングダイニングと外が繋がっているような雰囲気があると良い。
 →半室内、半屋外のような感じ

・キッチンはコンパクトでも使い勝手重視が良い。
 →自分も妻も料理する キッチンからリビングを見渡せれば尚良い

・収納は家族の分をひとまとめ ウォークスルークローゼット的な。
 →ラグなど長物も床に転がして置けると良い

・将来的に子供部屋に出来るようなスペースが取れると良い。
 →物置にはしたくないので2ndリビング的に日常使いしたい

・ペレットストーブを設置したい
 →トヨトミさんのmuumuuが使い勝手良さそう
#コンパクト住宅・狭小住宅 #ローコスト住宅 #自然素材 #資金・ローン #土地
「わがまま」と言っても、特別なことでは無いような気もします。
とはいえ、なかなか希望に沿う戸建物件も無いのが現状です。

無いのなら作ってしまえ的な感じです。(しかし費用は抑えたい)
2019年 1月10日 15:15
「わがまま」のほとんどが、住宅プランニングの内容だと理解します。
同時にあくまでも「質素で慎ましい」佇まいを目指していらっしゃるのですね。
であれば、確かに建築家に依頼されるしか無い様に思います。

また、お話をお聞きしていると、昭和初期の頃の住宅建築のイメージが浮かんできました。

素敵ですね。
2019年 1月10日 18:48
具体的なイメージというのはなく、「こんな感じ」ばかりです。(笑)
というのも、家を建てる場所によってカタチは変わるものと考えていますので。

生まれてこの方、マンション暮らしがほとんどだったもので、
水平方向への広がりに慣れているのもあって、
2階建てや3階建ての垂直方向への広がりがイメージしにくいです。

欲を言えば平屋ですが、敷地面積など考えると無理難題ですねぇ(笑)
2019年 1月10日 19:51
平屋は私も憧れます。
良い土地に出会われると良いですね。
2019年 1月10日 19:55
Default_user
この機能を利用するには、SuMiKaの会員登録が必要です
SuMiKaに登録すると、家づくりの疑問や悩みを建築家に相談できたり、建築家と1対1で直接メッセージをやり取りできます。理想の家づくりを叶えるために、ぜひSuMiKaをご利用ください。
いいね!した人
閉じる