建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
U3-house 「回廊の家」の建築事例写真
U3-house 「回廊の家」
アーキテクト憧

U3-house 「回廊の家」

U3-house 「回廊の家」の建築事例写真
キャンバスに追加する
写真を拡大する
もっと見る

U3-house「回廊の家」は、福岡県福岡市の都心の住宅やマンションが密集している周辺環境での設計計画です。
南側が前面道路で3面は既存の住宅に囲まれ、東側は道路の反対側は7階建のマンションがあります。
この周辺環境でプラバシィーと防犯を守りながら光と風をどうやって住宅の中に取り入れるかが最大のコンセプトとして設計を進めることにしました。

外観はホワイトの壁と自然保護塗料でブラックに染めたレッドシダーを貼りやさしくモダンな雰囲気を造り住宅を前面道路からセットバックさせて斜めに突出した庇は低く水平としました。玄関へのアプローチには木々を植栽し、これは前面道路を歩く周辺の人達に建築が威圧感を絶えないように考え建築が周辺環境と周辺の人達との共生をする為です。

土地の建ぺい率一杯の建築を計画して、ビルイイン駐車場や駐輪場と住宅を一体化にデザインすることによりシンプルでモダンな外観を造り出し、ビルトイン駐車場からはシューズクロークを通って玄関にアクセス出来、防犯性も高めることが出来ました。

住宅の内部に入ると建築の中心に細長いライトコートがあります。このライトコートを中心にしてリビング・ダイニングやスタディールーム・子供部屋・主寝室がフロアーの高さを変え回廊の様に配置されています。
この事によりプライバシィーと防犯を守りながら住宅の全ての部屋に光と風を注ぐことが出来ます。スタディールームはビルトイン駐車場の上に配置してリビングから階段を8段上った高さにありリビング・ダイニングとスタディールームのプライバシィーを守りながらライトコートの縦の繋がりを持たせています。スタディールームから階段で7段上ったフロアーの高さの位置に子供部屋や主寝室や書斎を配置しよりプライバシィーを守りたい部屋を、回廊を中心として配置しています。このライトコートを中心に高さを変える配置計画で家族のコミニュティと取りやすくし、プライバシィー性を高めることが出来ました。

私はこの家族が回廊のようにいつまでも繋がり幸せで楽しい生活をこの家で、出来るように設計しました。

アーキテクト憧のプロフィール写真

アーキテクト憧

佐藤 正彦

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
竣工年
2012
部屋数
指定なし
家族構成
指定なし
構造
混構造
敷地面積
150㎡〜200㎡未満
延床面積
150㎡〜200㎡未満
外壁仕上げ
サイディング
建ぺい率
59
容積率
89
所在地
福岡県
ロケーション
都市