建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
UBARA BEACHOUSEの建築事例写真
UBARA BEACHOUSE
2.5 architects 一級建築士事務所
UBARA BEACHOUSEの建築事例写真
キャンバスに追加する
写真を拡大する
もっと見る

日本に住むオーストラリア人の兄弟夫妻がその両親や家族とともに余暇を過ごすための別荘です。敷地眼下に広がる海の眺望を最大に取り入れつつ、家族それぞれが静かに過ごす事のできる空間を計画しました。
 過酷な自然環境と対峙する海岸に置かれたキューブが家族を包み込むイメージからスタートしました。そのキューブをGLより+約3000浮いた空中に鉄骨と木の混構造の架構として配し、南西方向に大開口を設けることで海の眺望を最大限に生かしています。
 この海へと開かれたキューブはリビングスペースであり、建築の中心的空間となっています。キューブの周囲へ補助的空間を付加し、多角形とキューブの複合した形態となりました。リビング上部へのロフトや、そこから潜戸を抜けて出る小さなルーフテラス、リビンクに隣接するキッチン、小さな三角形のバルコニー、本棚スペース、そういった小空間がそれぞれの空間性を保ちながらもリビングと連続的に接続する内部空間となっています。下階の二つの寝室や、浴室、トイレ等も鉄骨階段のある土間の吹き抜けを介し、上階の大空間と一体化しています。小空間を大事にしつつもキューブによって立体的に大きな気積を成立させることで、ミニマムだが窮屈さを感じさせない建築を実現しています。
 外装は、海からの絶え間ない潮風や砂といった厳しい自然環境への応答として、鵜原の伝統的漁村や海岸部のインフラ設備から着想を得て、焼杉及び亜鉛鍍金処理した鋼材を用いています。

2.5 architects 一級建築士事務所のプロフィール写真

2.5 architects 一級建築士事務所

森藤文華 + 葛沁芸

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
竣工年
2017
部屋数
3
家族構成
三世代世帯
構造
木造(全般)
敷地面積
50㎡〜100㎡未満
延床面積
50㎡〜100㎡未満
外壁仕上げ
焼杉板等
内装仕上げ
シナベニヤクリア塗装等
床仕上げ
オーク材フローリング、畳等
予算帯
3500万円以上〜4000万円未満
所在地
千葉県
ロケーション
家づくりチーム

株式会社 木組

Julian Worrall Spaces

Structured Environment