建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
キッチンは煩雑な様子が見えないように半独立型に。開口から天井高の高いLDKを望め、半独立型でも開放的なつくりに。 | 自然の恵みと暮らす家
自然の恵みと暮らす家
悠らり建築事務所

自然の恵みと暮らす家

もっと見る

敷地は名古屋市西部の古くからの住宅や店舗が建ち並ぶ住宅街の北東角地。できるだけエネルギーに頼らず、自然の恵み(太陽光・風)を活かして心地よく暮らせる家を計画した。南側は太陽の恵みを受けてひなたぼっこができるように1階に縁側、2階にサンルームを設けた。1階LDKの南東のコーナー窓から入った風が吹き抜けを通して2階の通風窓から抜けるというように、重力換気によって家全体の風通しが良いつくりである。高齢のご家族が四季の移り変わりや自然の恵みを感じながらのんびりと暮らせる家である。

1この事例、ここを見てください!

・できるだけエネルギーの頼らずに快適に暮らせるように、断熱材や断熱性能の良い自然素材を用いて熱効率の良い家にした点
・自然素材の味わいのある魅力的なテクスチャー
・吹き抜けやコーナー窓、2F通風窓などを設けて自然換気を促し心地よく暮らせる空間

2この事例をつくったときの思い出に残るエピソード

定年退職をした60代のご夫婦が、最後の家だから長年温めてきた夢を叶える家づくりをしたいと要望され、毎回じっくりと打ち合わせを行って信頼関係を築きご夫婦にとって納得満足のいく家づくりをしました。暮らしが始まってから「本当に快適に暮らしています」と言って頂けたことがとても嬉しかったです。同居のおじいちゃんがポカポカ気持ちの良い縁側でお昼寝している姿を見た時、この家をつくらせて頂いて良かったなぁとじんわりしました。

3これから家づくりを考えている方へ

60代のご夫婦と高齢のおじいちゃんが体に負担をかけず心地よく暮らせる家をつくりました。気持ちの良い太陽の光、風を効率よく取り込んで自然の恵みを感じながらスローライフを楽しめるゆったりとした家です。また、肌触りが良く、年月とともに味わいの増す自然素材を用いて心豊かに過ごせることもこの家の魅力です。

悠らり建築事務所のプロフィール写真

悠らり建築事務所

安藤亨英 +安藤節子

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
竣工年
2013
部屋数
3
家族構成
二世代世帯
構造
木造軸組住宅(在来工法)
敷地面積
200㎡〜300㎡未満
延床面積
150㎡〜200㎡未満
外壁仕上げ
そとん壁
屋根仕上げ
ガルバリウム鋼板
内装仕上げ
シラス壁
床仕上げ
ナラ無垢材
住設メーカー
TOTO
建ぺい率
60
容積率
200
予算帯
3000万円以上〜3500万円未満
所在地
愛知県
ロケーション
住宅地
家づくりチーム

藤里建築工房