建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
山手の住宅の建築事例写真
山手の住宅
Camp Design inc.
相談するこの専門家の資料をリクエスト

山手の住宅

山手の住宅の建築事例写真
キャンバスに追加する
写真を拡大する
もっと見る

マンションや団地などの改修を考える場合、躯体は絶対的な存在として新たに描くプランを規定していく。躯体に沿わせて設計すれば、収納など隠したい要素は収め易くなる一方で、水回りなどの換気は機械換気に頼らざるを得ない配置になる場合が多い。そのことに対する疑問は常々あって、躯体との応答関係を問い直すことで、マンションや団地などの改修設計において仕方なく受け入れられている諸問題を解消できるのではないか。と考えた。
今回改修したのは、メゾネットタイプのマンションの1室で、眼前に山を眺められると同時にバルコニーからは街並みと海辺の景色を眺められる部屋である。山側から海側へと偏西風の吹き抜ける地域のため、風が躯体の中を通り抜け、この地域特有の環境を実感できるプランにすることが重要だと考えた。また、玄関のある上階がキッチン・ダイニングのある主室になり、下階が寝室となる構成は既存の状況から決まっていたが、上下階で異なる世界が並存するような設計を行うため、「通り」と「路地」というメタファーを据えた。

まず、上階は南面の既存サッシを取り払い、木製建具の4枚引きとして最大限の開口幅を取れるものにした。島状のキッチンとダイニングテーブルを中心に、その他の要素は効率よくコンパクトに納めながら、居場所が点在している目抜き通りのような空間としている。
下階では、風呂・サニタリーの水回りを躯体に寄せて配置するのではなく、中央に2つの島として配置している。そうすると、階段を下りてすぐの廊下とは別に、躯体と水回りの間の細いスペースが生まれる。ここは、浴室やサニタリーにも自然換気をもたらす風の通り道であり、将来的に南側の部屋を2つの子供部屋に仕切って使う場合の、補助的な通路にもなる。また島状の水回りの壁面は、各方角ごとに異なる配色を施している。壁の配色によって明暗や空気感の差を与え、行き止まりのない歩き回りたくなる路地のような空間に仕立てている。

躯体との応答関係から問い直すこと、メゾネットであることを活かし上下階で異なる世界を並存させることから、「通り」と「路地」という相反する空間が現れた。そのいずれも、この地域特有の、山から海へ抜ける偏西風と光の抜けを持ち、躯体という絶対的な存在により周辺環境と断ち切られていない場所を生み出している。

1この事例、ここを見てください!

広場のようなLDKのフロアと、路地のような水周りと寝室のあるフロア。メゾネットであることを活かして、上下階で異なる雰囲気の空間にしました。ですが、ともに光と風が抜けて、マンションの1室でありながら周辺の気候を感じられる住宅になっています。

Camp Design inc.のプロフィール写真

Camp Design inc.

藤田雄介+伊藤茉莉子

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
この専門家の資料をリクエスト
竣工年
2019
部屋数
3
家族構成
夫婦(子供あり)
構造
RC造
延床面積
100㎡〜150㎡未満
予算帯
1500万円以上〜2000万円未満
所在地
神奈川県
ロケーション
坂道(斜面)
家づくりチーム

伊田工務店

資料をリクエストする
あなたのプロフィール情報を入力してください。
  • お名前
  • メールアドレス
  • ご住所
    -
  • 建築予定地
  • 希望の予算
    万円〜万円
  • 完成希望時期
  • 同居する家族構成
  • 資料請求にあたっての注意事項

    1. 当社は,当社のプライバシーポリシーに則って,いただいた情報を利用します。
    2. 当社はお客様からいただいた個人情報を,お客様が指定された専門家へ提供すること、または当社サービスのご案内のために利用します。
    3. 当社は、本サービス又は利用契約に関し,お客様に発生した損害について、債務不履行責任、不法行為責任、その他の法律上の請求原因の如何を問わず賠償の責任を負わないものとします。
    4. 当社は、お客様が本サービスを利用することにより第三者との間で生じた紛争等について一切責任を負わないものとします。
キャンセル
入力内容を送信する
資料のリクエストが完了しました
リクエストありがとうございました!到着まで楽しみにお待ちください。
専門家の都合により、資料の送付が遅くなったり、送付できない場合があります。あらかじめご了承ください。
閉じる