建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
駅舎だった美しい建物を改装して1986年にオープンした19世紀美術専門の美術館であるオルセー美術館は印象派の画家の作品が数多く収蔵されていることで有名。Lavie店内のカウンター内の壁には19世紀のデザイナー、ウィリアム・モリスの弟子、ジョン・ヘンリー・ダール作の『鳥とざくろ(1926年)』をオルセーの煌びやかな絵画のように印象的に見えるコーディネイト方法を用いています。 | 老舗和ふれんちのレストア物語 その1
老舗和ふれんちのレストア物語 その1
HONEY HOUSE

老舗和ふれんちのレストア物語 その1

駅舎だった美しい建物を改装して1986年にオープンした19世紀美術専門の美術館であるオルセー美術館は印象派の画家の作品が数多く収蔵されていることで有名。Lavie店内のカウンター内の壁には19世紀のデザイナー、ウィリアム・モリスの弟子、ジョン・ヘンリー・ダール作の『鳥とざくろ(1926年)』をオルセーの煌びやかな絵画のように印象的に見えるコーディネイト方法を用いています。 | 老舗和ふれんちのレストア物語 その1
キャンバスに追加する
写真を拡大する
もっと見る

心のイメージの中のパリ。

かけがえのない濃密な時間とリアルな空気感。訪れる人々の期待と憧れを豊かに受け入れてくれる空間を創造することを目指しました。

主なコンセプトのひとつとして、カウンターの奥の壁を印象付け、空間的な広がりと奥行きを持たせるデザインを取り入れ、パリのオルセー美術館での深い印象を空間の創造に取り入れました。

エミール・ガレなどのデザインボトルも美しくとコーディネイトします。五感を刺激する美活空間の創造によって、素材が初めて生き生きと生まれ変わります。

フレンチ・ブルーを印象付けた美しい空間は美食をより一層引き立てます。

美術都市パリの空気感をシンプルなデザインで表現。

光と色、そして素材のマリアージュによって建築的’印象派’空間の創造は無限大に広がります。
一級品の素材を伝統的に受け継がれた技によって新たなる美食体験が生まれます。

ミネラルウォーターのような空気感を創造する為の秘密のアイディアが盛り込まれています。

そして展望席からは美しい札幌の夜景を優雅に楽しむことが出来るようなデザインを取り入れることで、かけがえのない優雅な時間の流れが体感出来るようにデザインし、内装がキレイに映り込むように外部空間を目立たせないようなアイディアを盛り込んで設計しました。

ウィリアム・モリスの弟子、ジョン・ヘンリー・ダールによる1926年の作品、「Bird&Pommegranate」を絵画的なアプローチにて表現するなど、クラシカルな空間の中にモダンなティストを融合させました。

パリのエスプリ、ヨーロッパの伝統的な建築物や美術館の佇まいを取り入れています。




HONEY HOUSEのプロフィール写真

HONEY HOUSE

Toshihisa Doki

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
竣工年
2015
部屋数
5
家族構成
指定なし
構造
鉄骨造
所在地
北海道
ロケーション
郊外