建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
house ms | house ms
house ms
岸雄一郎建築都市設計事務所
もっと見る

東京下町にある築後およそ40年経つ鉄骨2階建て住宅のリノベーションである.都市の戸建て住宅が約30年スパンで建て変わっていくといわれる中,建主はスクラップアンドビルドというありきたりの手法ではなく,スケルトンと外皮を残しながら内部をリファインする道を選択した.更地に上屋を建てるのがゼロからのスタートとすれば既にあるものの内部を解体し,造り変えることはマイナスからのリスタートである.床,壁,天井全てが剥がされ山積した廃材により身動きもままならない内部空間に剥き出しとなった骨組みは当時の住まい手と造り手のモチベーション,永い間の生活を支え続けてきたマテリアリティなど多くを物語っていた.生まれ変わった明るくミニマリスティックな空間は2世代にわたり住まれ継がれていく.

岸雄一郎建築都市設計事務所のプロフィール写真

岸雄一郎建築都市設計事務所

岸 雄一郎

トライアル会員
トライアル会員とは
SuMiKa上で「トライアル」的に活動している会員を示します。この会員の実績を見ることはできますが相談や依頼をすることはできません。
通常営業中です
竣工年
2008
部屋数
指定なし
家族構成
指定なし
構造
木造軸組住宅(在来工法)
予算帯
2000万円以上〜2500万円未満
所在地
東京都
ロケーション
住宅地