建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
鉄骨+土壁の家の建築事例写真
鉄骨+土壁の家
株式会社 建築・都市設計インタースタディオ
もっと見る

 軸組は鉄骨造、床はRC造、壁は木造土蔵造り+本漆喰塗り、という世界でも稀な混構造建築です。RC造の床を基礎として土台を載せ柱を建てることによって、鉄骨本体の動きが直接木造土壁に伝わらない工夫をしました。
 3階建ての3世帯住宅。
太陽熱を地下の蓄熱層に貯め、冬の暖房に用いています。一方夏季には、地熱を利用した冷房システムを採っています。ヒートポンプ方式ではなく、単純な熱交換のみを行い、空気による冷暖房を行っています。同じ地熱方式でもヒートポンプを用いるやり方は、結局エアコンと同様になり、企業既製品を使用して製作過程における環境負荷がかかってしまいます。これを回避することが目的でした。
また、同じシステムの熱交換によって温水を作り、浴室や床暖房にも使用しています。電力は主にファンとポンプの稼動に消費されるのみです。このシステムに太陽光発電と蓄電等によってファンとポンプを作動させれば、完全なゼロエネルギー住宅となります。
玄関・階段棟は、厚板鉄板1枚板の外壁で、船の構造と同じスタイルです。1984年に担当した村野森建築事務所心斎橋ビルのカーテンウォールと同じ考え方です。

株式会社 建築・都市設計インタースタディオのプロフィール写真

株式会社 建築・都市設計インタースタディオ

笹木 篤

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
竣工年
2009
部屋数
5
家族構成
指定なし
構造
鉄骨造
敷地面積
300㎡以上
延床面積
300㎡以上
外壁仕上げ
土壁+本漆喰塗り、一部鋼板+断熱塗料
屋根仕上げ
アスファルト防水+土+芝
内装仕上げ
土壁+本漆喰塗り
床仕上げ
桧または楓縁甲板張り
住設メーカー
アムスタイル,地中熱冷暖房システム
予算帯
5000万円以上
所在地
東京都
ロケーション
都市