建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
建具を自由に入れ替えて部屋をつくれる木造住宅リノベーションの建築事例写真
建具を自由に入れ替えて部屋をつくれる木造住宅リノベーション
Camp Design inc.
相談するこの専門家の資料をリクエスト

建具を自由に入れ替えて部屋をつくれる木造住宅リノベーション

建具を自由に入れ替えて部屋をつくれる木造住宅リノベーションの建築事例写真
キャンバスに追加する
写真を拡大する
もっと見る

リビタの展開しているHOWS Renovationは、空き家を社会資産と捉え、リノベーションによって改めて市場価値を与える意欲的な事業である。今回の物件は検査済証の残っていない新耐震基準以前の建物であったため、既存不適格調書を提出した後、南側に10平米以上のサンルームを増築して確認申請を新たに通している。また中古住宅をリビタが買取り、改修した後に販売となるスキーム上、具体的な施主がいない状態から設計がスタートする。3~40代の子供がいる家族を想定した上で、汎用的かつ可変的な構成を用意し、まだ見ぬ住まい手に対応しようと考えた。

木造軸組工法は、1間=約1820mmをモジュールとして構成されているため、柱間もそれに則った規格となる。そのため、それぞれの間隔に対応した建具を用意すれば、それらは住み手自らが簡単に交換可能な閾となる。この原理を用いて、ほとんどの柱間に敷居と鴨居を設け、どこでも建具を設置できる冗長的な構成を取っている。さらに1・2階共に中央を縦断する、「柱の間」と呼ぶ半間幅のスペースを中心に田の字型プランとしている。柱の間は、建具の移動により間取りを改変する際の中間領域となり、より多くのパターンがそれによって生まれることになる。可動家具もモジュールに合わせて設計し、建具と共に設える要素となっている。

これらは木造軸組の形式性を、時間や生活の変化の流れの中で定着させる道具として、場所を選ばず汎用可能なものとなる。そのような形式と道具の円環を描くことで、木造軸組の更新さらには都市の様相の更新の流れを生み出せないかと考えている。

1この事例、ここを見てください!

① 木造軸組工法は、伝統的に1間=1818mmのモジュールを基準に出来ています。その規格を活かして、建具を自由に入れ替えて部屋の数や広さを変えて、家族構成やライフスタイルの変化に対応できるようにしています。
② 庭のある南側に2階までサンルームを増築しています。縁側やベランダのような場所になりつつ、断熱層として居室の住み心地を向上させています。
③ 野川に程近い場所にあるので、川がよく見えるように大きな窓を設けました。

Camp Design inc.のプロフィール写真

Camp Design inc.

藤田雄介

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
この専門家の資料をリクエスト
竣工年
2016
部屋数
指定なし
家族構成
夫婦(子供あり)
構造
木造軸組住宅(在来工法)
敷地面積
100㎡〜150㎡未満
延床面積
100㎡〜150㎡未満
外壁仕上げ
リシン吹付け
屋根仕上げ
ガルバリウム鋼板
内装仕上げ
石膏ボード 寒冷紗パテしごきの上EP塗装
床仕上げ
無垢フローリング
予算帯
2000万円以上〜2500万円未満
所在地
東京都
ロケーション
郊外
家づくりチーム

事業主:リビタ

構造:高橋建築工房

施工:英建設

写真:長谷川健太

資料をリクエストする
あなたのプロフィール情報を入力してください。
  • お名前
  • メールアドレス
  • ご住所
    -
  • 建築予定地
  • 希望の予算
    万円〜万円
  • 完成希望時期
  • 同居する家族構成
  • 資料請求にあたっての注意事項

    1. 当社は,当社のプライバシーポリシーに則って,いただいた情報を利用します。
    2. 当社はお客様からいただいた個人情報を,お客様が指定された専門家へ提供すること、または当社サービスのご案内のために利用します。
    3. 当社は、本サービス又は利用契約に関し,お客様に発生した損害について、債務不履行責任、不法行為責任、その他の法律上の請求原因の如何を問わず賠償の責任を負わないものとします。
    4. 当社は、お客様が本サービスを利用することにより第三者との間で生じた紛争等について一切責任を負わないものとします。
キャンセル
入力内容を送信する
資料のリクエストが完了しました
リクエストありがとうございました!到着まで楽しみにお待ちください。
専門家の都合により、資料の送付が遅くなったり、送付できない場合があります。あらかじめご了承ください。
閉じる