建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa

h8s(small house)

もっと見る

東京の住宅街の三叉路に建つ、とても小さな住宅のプロジェクトです。
敷地面積は45m2。
建物は4つの傾斜したボリュームで構成されていて、
北面のフラットなファサードに、
それらのボリュームがとりつくような形状となっています。
一番高い屋根の下にはロフトがあり、
真ん中の屋根の下は傾斜天井、
一番低い部分はバルコニーの手すり壁です。
小さなボリュームが合わさってつくるギザギザした形は、街並みに自然と溶け込み、
三叉路の先端という都市の中の特異な場所に、柔らかなエッジを与えています。
小さなボリュームによって切り取られた敷地の隙間には、将来的に緑を植える予定です。
このような住宅街では、大きな開口を設けても結局はカーテンなどで閉じられてしまうため、
街行く人や近隣と目が合わないように、街路樹や空だけが見えるように、絞り込んで配置しました。
熱負荷の高い南面は必要な部分だけとし、光の安定した北面にはハイサイドで明るさを確保。
東面は目隠し壁を設けた上で大きな窓とし、西面は通風窓を配置しました。
バルコニーの斜め壁のおかげで、LDKからは大きな街路樹の緑だけが見えます。

aoydesignのプロフィール写真

aoydesign

青山 茂生 + 隅谷 維子

トライアル会員
トライアル会員とは
SuMiKa上で「トライアル」的に活動している会員を示します。この会員の実績を見ることはできますが相談や依頼をすることはできません。
通常営業中です
竣工年
2011
部屋数
指定なし
家族構成
指定なし
構造
木造(全般)
外壁仕上げ
リシン吹付け
屋根仕上げ
ガルバリウム鋼板タテハゼ葺き
内装仕上げ
OSB
床仕上げ
Jパネル
予算帯
1000万円以上〜1500万円未満
所在地
東京都
ロケーション
都市