建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
玄関は明るくしたい。そんなことからホワイトで簡単にまとめてしまいがちですが、色の見え方はその色の明るさの他にも対比によって大きく変わります。天井の色を暖色系のパープルの壁紙。床材をカリン無垢材で仕上げ、正面の壁に視線を集めるようにして花柄を用いました。 | 自然素材でアトピー・アレルギーの無い家
自然素材でアトピー・アレルギーの無い家
HONEY HOUSE

自然素材でアトピー・アレルギーの無い家

玄関は明るくしたい。そんなことからホワイトで簡単にまとめてしまいがちですが、色の見え方はその色の明るさの他にも対比によって大きく変わります。天井の色を暖色系のパープルの壁紙。床材をカリン無垢材で仕上げ、正面の壁に視線を集めるようにして花柄を用いました。 | 自然素材でアトピー・アレルギーの無い家
キャンバスに追加する
写真を拡大する
もっと見る

建材や家具に含まれる有害化学物質が、どれほどの影響があるかを考えたことはありますか?

日本ではF★★★★という建材に含まれるホルムアルデヒド・キシレン・トルエンの基準がありますが、それ以外の有害化学物質に対しての基準はありません。

食の安全と同様に、毎日の気持ちよく深呼吸できる空気質違いが、数年後のあなたのからだを創っていくのです。

リヴングルームからキッチン、トイレ、ユーティリティ、バスルームへのアクセスが容易になるように水回りの動線を短くしました。

玄関横にあり寒かったトイレをユーティリティとバスルームを一体にして設計。 日常の炊事洗濯の大変さを出来る限り軽減し、女性一人の生活のプライベート感を豊かに表現しました。

鏡の裏側にバスルームがあり、洗濯スペースも浴室入り口横にあり、限られたスペースの中でスムーズな動作が出来るように設計しました。

1この事例、ここを見てください!

●水周りの動線が最短で、シンプルで効率的な洗面所
●ウィリアム・モリスのデザインを採用することで豊かな色彩に
●シックハウス症候群のお客様が住みながらのリフォームで安全

2理想の暮らしの実現のため、こうして私は課題を解決した

依頼者の方は重度の化学物質過敏症。
建材の臭いをさせないために、自然素材を多用して白い壁という味気のないインテリアになりがちですが、情緒豊かな生活をするうえでは色彩の豊かさは欠かせない場合もあります。
依頼者の方のこれからの人生を思い浮かべて、どうしたら健康的な生活を送ることが出来るかをイメージしてデザインし、施工中も断熱工事や構造など、納まりに細心の注意を払って施工にあたりました。

3この事例をつくったときの思い出に残るエピソード

お客様より、1年後、2年後、住んでから気持ちがとても明るくなったとお話しを頂きました。

4これから家づくりを考えている方へ

食の安全と同様に、住まいの空気質の安全は何よりも健康的な生活に欠かせないものです。

どんなデザイン、どんな空間でも常にそのことを考えて設計・施工に当たっています。

空気質を良くするために、高価な自然素材ばかり使わなくてはならないかというとそんなことはなく、アイディアと工夫で安価で素敵な空間は可能なのです。

HONEY HOUSEのプロフィール写真

HONEY HOUSE

Toshihisa Doki

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
部屋数
3
家族構成
単身(子供なし)
構造
木造軸組住宅(在来工法)
所在地
北海道
ロケーション
住宅地