建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
芦花公園の住宅の建築事例写真
芦花公園の住宅
Camp Design inc.
相談するこの専門家の資料をリクエスト

芦花公園の住宅

芦花公園の住宅の建築事例写真
キャンバスに追加する
写真を拡大する
もっと見る

柱と梁の間に、建具や壁が嵌められた形式を柱間装置と呼ぶ。
日本建築の特質である外部環境との連続性や空間の可変性は、柱間装置によって生み出されてきたとも言える。注目したいのは、近代以降、木造ではなくRC造の団地等のインテリアにおいても柱間装置が採用されてきたことだ。形骸化されながらもインテリアに用いられてきたのは、柱間装置がうみだす場所性が日本人にとって拠り所となってきたからだろう。

この建物は、築44年の分譲化された団地である。約50㎡の住戸で、一般的な団地同様に柱間装置によって仕切られていた。プランニングの問題からか、柱間装置を用いた日本建築がつくりだす連続性や可変性は感じられない状態だった。そこで既存の形式を切り捨てて新たな形式を用いるのではなく、エレメントの導入によって現在的なものに更新できるのではないか。素材は一新されながらも懐かしさや記憶を受け継いだ、あったかもしれない風景を顕在化できるのではないかと考えた。

新たに導入するエレメントとして、布框戸(ぬのかまちど)という建具を製作した。これは障子のような透過性と襖のような軽やかさを併せ持っている、障子と襖の間の閾となる建具である。好きな布を張ったり、寒冷紗を張り網戸にしたり、自らカスタマイズできる仕様になっている。既製の障子や襖の枠は、溝7分(21mm)・溝同士の間は3~5分(9~15mm)と規格化されている。この規格に合わせてを製作し、製品化したものを実際に販売している*。団地に柱間装置が採用されている慣習を活かして、布框戸が団地改修で汎用されるツールとなり、団地というビルディングタイプを更新するエレメントになることを目指している。
*布框戸はこちらにて販売中: http://koto.tools/stories/item2/#stories

1この事例、ここを見てください!

① 布を自分で張り替えられる建具「布框戸」をオリジナルで製作。布のやわらかさと透過性のある間仕切りをつくっています。
② 木製ガラスで仕切ったサンルームが奥行きをつくりだしています。
③ 引き戸や欄間による光と風の抜ける空間になっています。

Camp Design inc.のプロフィール写真

Camp Design inc.

藤田雄介+伊藤茉莉子

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
この専門家の資料をリクエスト
竣工年
2014
部屋数
1
家族構成
夫婦(子供あり)
構造
RC造
延床面積
50㎡〜100㎡未満
予算帯
500万円以上〜700万円未満
所在地
東京都
ロケーション
都市
家づくりチーム

施工:河行工務店

写真:長谷川健太

資料をリクエストする
あなたのプロフィール情報を入力してください。
  • お名前
  • メールアドレス
  • ご住所
    -
  • 建築予定地
  • 希望の予算
    万円〜万円
  • 完成希望時期
  • 同居する家族構成
  • 資料請求にあたっての注意事項

    1. 当社は,当社のプライバシーポリシーに則って,いただいた情報を利用します。
    2. 当社はお客様からいただいた個人情報を,お客様が指定された専門家へ提供すること、または当社サービスのご案内のために利用します。
    3. 当社は、本サービス又は利用契約に関し,お客様に発生した損害について、債務不履行責任、不法行為責任、その他の法律上の請求原因の如何を問わず賠償の責任を負わないものとします。
    4. 当社は、お客様が本サービスを利用することにより第三者との間で生じた紛争等について一切責任を負わないものとします。
キャンセル
入力内容を送信する
資料のリクエストが完了しました
リクエストありがとうございました!到着まで楽しみにお待ちください。
専門家の都合により、資料の送付が遅くなったり、送付できない場合があります。あらかじめご了承ください。
閉じる