建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
近藤晃弘建築都市設計事務所 Akihiro Kondo architectureのプロフィール写真
近藤晃弘建築都市設計事務所 Akihiro Kondo architecture
近藤晃弘建築都市設計事務所 Akihiro Kondo architectureのプロフィール写真
近藤晃弘建築都市設計事務所 Akihiro Kondo architecture
近藤 晃弘
通常営業中です
大阪府
フォロー中2
ページビュー
26582
フォロワー
10
SuMiKaで成約
0
自己紹介
私たち[近藤晃弘建築都市設計事務所]は日本全国で建築・インテリアの企画・設計監理を行う設計事務所です。常に建築のプロフェッショナルであることを自覚し、デザイン、テクニカル、コスト、全てにおいて責任のある設計を目指し、きめ細やかなサービスを心がけています。設計前の土地探しから資金計画、お引き渡し後の家具の選定までトータルで建築をコーディネートしています。

「Philosophy」

私たちの役割は、心地の良い、その人にとっての「居場所」をカタチにすることです。
「自然」との関わり、「まち」との関わり、「人」との繋がりを想像し
自由にふるまえ、永く愛着のもてる、暮らしを楽しむことのできるデザイン
「シンプル」で「ゆたか」な、建築をつくりたいと考えています。

建築づくりは、クライアントと設計者がコミュニケーションを重ねながらのプロセスです。
疑問があればおっしゃってください、ご理解いただけるよう説明させていただきます。
信頼関係を築いていくことが、何より大切なことですから。
ひとつひとつのプロセスが、「建てて良かった」というご自身の納得度につながります。
私たちは常に立ち合い、ともに考え、つくっていきたいと考えています。

「住まい手らしい家」

住まいはクライアントのライフスタイルや趣味、楽しみや夢を実現するものだと考えます。そのため、私たちはプランニングやデザインに、エゴイスティックなこだわりはありません。たくさんのご要望をお伺いし、それらをうまく生かしながらデザインすることでこそ「住まい手らしい家」となり、永く愛着が持て、暮らしを楽しむことができると考えるからです。使い勝手や家事動線についてもクライアントと十分にコミュニケーションをとって設計を進めます。


「素材へのこだわり」

一方で、素材にはこだわります。私たちのつくる住まいの大きな特徴は「素材の違い」と考えるからです。ハウスメーカーはクレームを避けるため、自然素材などのばらつきのある素材は基本的に使いません。反対に、私たちはハウスメーカーの定番材料であるタイル風のサイディングや木製風の玄関ドア、ウレタン塗装の合板フローリングや木目シート貼りの既製品建具は使いません。どんなにコストが限られていてもフローリングは無垢や引き板のオイル塗装とし、建具は木や塗装仕上げの制作建具としています。決して高級な素材を使うわけではないですが、そういうところに少しだけ贅沢することで、住まいの印象はがらっと変わり、美しく、落ち着きのある、おおらかな印象となります。

続きはWebで→http://ak-archi.com
設計対象

新築注文住宅
集合住宅
リフォーム
オフィス
店舗
診療所
ビル
公共建築
内装・家具・プロダクト
小屋
リノベーション(マンション)
リノベーション(戸建て)

扱う構造

木造(全般)
鉄骨造
RC造

主な活動地域
京都府
愛知県
滋賀県
大阪府
兵庫県
建築士事務所の種類
一級建築士事務所
登録の種類
大阪府知事登録
登録番号
第24081号
フォロー中
閉じる
フォロワー
閉じる