建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
味鋺の家(あじまのいえ) | 味鋺の家(あじまのいえ)
味鋺の家(あじまのいえ)
株式会社 H建築スタジオ

味鋺の家(あじまのいえ)

もっと見る

敷地は大通りから1本入った閑静な住宅街である。三方が建物と隣接し、南側が道路に面した奥行きのある敷地で、周辺環境に馴染むように、白を基調としたシンプルな外観とした。

庭を広く確保するため、敷地奥に建物を配置。ところが建物からは視線が注がれやすくなってしまう。そこで広がりのある空間を持った「開放的なプライベート空間の実現」をコンセプトとした。

まず周囲からの視線を遮るために袖壁を大きく設けた。これは、建物内からの眺めもコントロールできる。袖壁の垂直ラインとH形鋼のエッジの水平ラインを強調したシャープな意匠としている。

南側の開口部は、青々とした芝生の庭へと続く。リビングの幅4.3mの大窓は内と外との境界を曖昧にし、実際の広さ以上の開放感を与えることができる。リビングの天井は一部吹抜けとした。吹抜け上部、南側には大きな窓を、北側には開閉可能な障子戸を設けた。昼間は、燦々と太陽の光が、降り注ぎ、夜は2階廊下の障子戸越しの灯りが、リビングを優しく照らす。

リビング、ダイニングが繋がるオープンキッチンでは、庭で遊ぶ子供たちを見ながら料理ができる。庭の向こう側にはガレージがあり、リビングから愛車を眺めることもできる。室内にいながら、外部へと感覚が広がっていくのだ。

アプローチのコンクリートの列柱は、敷地側に引き込んだ場所に設置。道路側に街に開いた場所オープンスペースを設けることで街並にゆとりを与え、様々な用途に対応するコミュニケーションのスペースとしても活躍できる場とした。列柱の間にはステンレスのルーバーを用いることで閉鎖的な印象を与えることなくゆるやかにプライバシーを確保している。まわりの建物とは違う素材や形態を用いながらも風景に溶け込んでゆくような「さりげない」建物を目指した。

株式会社 H建築スタジオのプロフィール写真

株式会社 H建築スタジオ

蛭川 昭彦

トライアル会員
トライアル会員とは
SuMiKa上で「トライアル」的に活動している会員を示します。この会員の実績を見ることはできますが相談や依頼をすることはできません。
通常営業中です
竣工年
2006
部屋数
指定なし
家族構成
指定なし
構造
混構造
予算帯
5000万円以上
所在地
愛知県
ロケーション
住宅地