建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
GAPsの建築事例写真
GAPs
一級建築士事務所 エヌアールエム
もっと見る

愛知県稲沢市国府宮(こうのみや)に建つ、「親・子・孫」合計7人の三世代が一つ屋根の下に暮らす二世帯住宅です。1階が親世帯、2・3階が子世帯というプログラムで、建築は矩形のボリュームに三層の中庭が挿入されたシンプルな構成。収納の多さが興味の対象の親世帯と、洗練された生活空間が興味の対象の子世帯。この両極端に位置する要望のGAP(間隔)をGAPで一つに内包した建築です。階層の差により緩やかな世帯間の交流を促すGAP(段差=吹抜)。細長い敷地形状をカバーしながら良好な住空間を確保する為に挿入されたGAP(隙間=中庭)。 GAP(間隔)をGAP(段差・隙間)で埋めGAP(間隔)を無くすというロジック。
■第3回TASC賞

一級建築士事務所 エヌアールエムのプロフィール写真

一級建築士事務所 エヌアールエム

二宮俊一郎 諸留智子

トライアル会員
トライアル会員とは
SuMiKa上で「トライアル」的に活動している会員を示します。この会員の実績を見ることはできますが相談や依頼をすることはできません。
通常営業中です
竣工年
2008
部屋数
指定なし
家族構成
指定なし
構造
木造(全般)
予算帯
5000万円以上
所在地
愛知県
ロケーション
住宅地