建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
HOUSE I / LEDが広がる家の建築事例写真
HOUSE I / LEDが広がる家
on2 Architects 建築設計事務所

HOUSE I / LEDが広がる家

HOUSE I / LEDが広がる家の建築事例写真
キャンバスに追加する
写真を拡大する
もっと見る

50代の夫婦のために設計した。名古屋市内180.7㎡の築20年2世帯住宅、お住まいになれれる1Fのリノベーションです。
ご要望は
・明るく広々としたLDK   ・家族とコミュニケーションがとれる書斎の位置
・暖かみのある空間     ・断熱性の向上や設備の効率化による省エネ化
・明るい廊下        ・バリアフリー化
長方形の部屋という、もともとある特徴をいかして、キッチンからリビング、ダイニングを見通せる空間を作り、LDKと廊下に間仕切りをかねた箱を設けました。この大きな箱は収納、開口を設けることによりただ空間を仕切るだけでなく、機能的に向上するように工夫されています。箱の中央に大きな開口を開け、暗かった廊下に光を届けるようにしました。そしてテーブル、椅子、棚を配することで、新たに書斎スペースを作り出しています。このために、本来すみに追いやれれがちな書斎もキッチンやリビングにいる家族とのコミュニケーションが取りやすくなっています。この大きな開口によって廊下がLDKの一部となるような一体感をつくりだしています。
LDKから寝室に入る戸を引き込み戸にし、入って正面の壁を全面鏡にしました。 引き戸を開けっ放しにしておくことで、通風を確保しやすくするだけではなく、部屋を連続させて使用することが出来たりと、空間にて変化を待たせることも出来ます。又鏡によって生じた奥行きが有るような錯覚により、LDKがどこまでも続いているかのように感じられるようにしました。このように、個々の部屋がひと繋がりになり、家族・人の気配を感じながら生活できるように考えました。狭い・暗いと思いがちな勝手口も、大きな土間やホールを設けることによって、ランドリーや収納できる場所を設けて、既設のまどから光を取り入れることによって、便利で快適な勝手口になるように工夫されています。
折り上げ天井を廊下から少しLDK、寝室に張り出し天井に少しの段差を付けることによって、動線と住居スペースを区別しました。壁や天井を間接照明で照らす事で、光で照らされている部分と照らされていない部分で濃淡が出来るようにしました。このように部屋と部屋にすこし段差を付けることによって、壁がなくても区別することが出来るようになり、されに照明の効果で空間が立体的になり空間にメリハリが生まれます。また 壁、天井と外気にふれる部分にはすべて宇宙船及び宇宙服の反射絶縁材料として宇宙産業に採用された、素材でおおいました、壁には調湿、防臭、防カビ,耐火性作用のある天然素材のみ使ったドイツの漆喰を利用しています。

on2 Architects 建築設計事務所のプロフィール写真

on2 Architects 建築設計事務所

中川広光

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
竣工年
2015
部屋数
2
家族構成
二世代世帯
構造
木造(2x4)
延床面積
150㎡〜200㎡未満
内装仕上げ
珪藻土
床仕上げ
チェリー
住設メーカー
LIXIL, クリナップ、タカラスタンダード
予算帯
3500万円以上〜4000万円未満
所在地
愛知県
ロケーション
都市