建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
『絵本と木の実の美術館』の建築事例写真
『絵本と木の実の美術館』
サイクル・アーキテクツ

『絵本と木の実の美術館』

もっと見る

・新潟県十日町市鉢集落、真田小学校。
2005に廃校になった、この小さな木造小学校を改修し『鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館』として、2009年7月にオープン。雪が厳しい冬季をのぞいた、春〜秋、開館しています。
・絵本作家・アーティストの田島征三氏による「学校全体をまるごと絵本にする」という構想のもと、2009年夏の『大地の芸術祭・第4回越後妻有トリエンナーレ』に向けてリノベーションを行いました。
 時を経た木造校舎の良さを活かし、この学校が持つ透明な明るさを引き継ぎつつ、新たな用途・展示にあわせ、個々に性格を持たせた空間を提案しています。
・木製建具や漆喰仕上の学校らしさはそのままに、1階カフェや図書室については、照明を工夫することなどで、新たな、各室の表情を持たせました。
 カフェの家具は、征三氏の長男で造形作家の田島燃氏が、生徒達がつかっていた机と椅子のフレームを利用して、特別に製作したもの。ワークショップルームでは、再利用した蛍光灯をランダムに吊り、床に土を入れる試みをしています。夏には草むらが茂ります。
・2階展示室では、天井裏に隠れていたトラス組の小屋組を見せ、黒板だけを残して上部・左右の土壁を取り払い、2教室ずつをつなげることで、懐かしい教室の空気はそのままに、広がりをもった展示室として、田島氏の作品展開に応えました。
 物語の道しるべとなる木の実のオブジェが、高く高く束の間をのぼり、大きな和紙や流木作品が梁から吊るされ、来館者は、真田小の最後の在校生3人を主人公とした立体絵本の世界に、身体ごと入っていきます。
田島氏が30年間抱いていたという「空間絵本」の構想が、現実のものとなりました。

サイクル・アーキテクツのプロフィール写真

サイクル・アーキテクツ

山岸 綾

トライアル会員
トライアル会員とは
SuMiKa上で「トライアル」的に活動している会員を示します。この会員の実績を見ることはできますが相談や依頼をすることはできません。
通常営業中です
竣工年
2009
部屋数
指定なし
家族構成
指定なし
構造
木造(全般)
所在地
新潟県
ロケーション
郊外