建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
みずき野ハウス | みずき野ハウス
みずき野ハウス
ナカガワ建築スタジオ

みずき野ハウス

もっと見る

還暦も近い団塊世代の夫婦の為の家です。施主夫婦は今までいくつかの家に住んできましたが、環境変化の中、この土地を永住の地と定めました。施主の終の棲家となるこの家に求められたものは、施主らしさを感じられる落ち着きと強さのあるデザインと、定年後の人生に対応できる多様性のある空間づくり、そして長い時間、家族の基盤となり続けられるような強い家を創ることでした。

◇デザイン
施主はデザインに携わるお仕事をしているためデザインへのこだわりが強く、インパクトがありつつも落ち着きのあるデザインを長い時間をかけて検討しました。その結果、RC壁・ガルバリウム鋼板などの現代の素材と大屋根・深い軒・和風庭園など和風のエレメントを組み合わせ、印象的な門扉(施主デザイン)やガラスブロック・建物から突き出したテラスなどを加えたデザインとなりました。外壁材のカラーは施工直前まで迷いましたが、建物としての存在感・庭や風景とのコントラストを考慮しブラックに決定しました。
◇空間
建物の中に性格の違う4つの外部空間を取り込み、それらを中心に居室が配置されています。全ての居室が庭に面し住宅内の移動に伴う景色のシークエンスが空間に変化を与えます。取り込んだ外部空間に加え多数のトップライトを設けたことで、家中どこにいても光と風を感じられる気持ちのよい空間となりました。また定年後の様々な生活シーンに対応できるよう、空間構成・規模に余裕を持たせており、施主の高齢化に伴う生活の変化や家族構成の変化によるリフォームを想定したプランとしました。インテリアデザインは自然素材を多く用い、落ち着いたしつらえをベースとしています。

〜4つの外部空間〜
アプローチ:建物内に引き込んだ通り庭は来客の対応やミーティングもできる外向きの空間にしました。
坪庭・庭園:玄関・和室の前に広がる和の庭は来客をもてなす空間です、和室2方向を庭で囲み離れのような印象の空間としました。
テラス :隣地に広がる公園の池はこの土地を選んだ理由でした。家と自然とをつなぐテラスは家の中に季節を感じさせます。
中庭 :ダイニングと一体に使用するフレキシブルなプライベートな空間です。

◇住宅性能
サスティナブルな建物としてメンテナンスが最小限となるよう、材料・構造に配慮しました。外壁と屋根にはガルバリウム鋼板を、雨のかかる外部デッキには対候性の優れたウリン材を使用しています。また快適な高気密高断熱住宅とするため細部にわたり配慮しています。

ナカガワ建築スタジオのプロフィール写真

ナカガワ建築スタジオ

仲川 くみ子

トライアル会員
トライアル会員とは
SuMiKa上で「トライアル」的に活動している会員を示します。この会員の実績を見ることはできますが相談や依頼をすることはできません。
通常営業中です
竣工年
2006
部屋数
指定なし
家族構成
指定なし
構造
木造(全般)
所在地
群馬県
ロケーション
住宅地