建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
京都小慢の建築事例写真
京都小慢
一級建築士事務所 こより
相談するこの専門家の資料をリクエスト
京都小慢の建築事例写真
キャンバスに追加する
写真を拡大する
もっと見る

タイプ:リノベーション
用途:gallery,Tea Salon
敷地:京都市
竣工:2017.12
恊働:アトリエソルト(藤原洋司)
写真:臼井淳一
京都御苑近くに建つ築八十年を超える京町屋を改修。
台湾茶のサロンとギャラリーである。

この京都小慢のオーナーである小蔓氏からの要望は、
サロンを利用される方が、台湾茶の情景・背景を拾えるような素朴で繊細な空間。

小蔓氏はお茶を振る舞う時にその茶葉が生まれた土地や背景をお話しされる。
その中で単にお茶を飲むだけでなく、味覚や嗅覚の変化を感じながら
山や森、生き生きとした高山の動植物、その茶葉を生む人々の暮らしや歴史、
情景を身近に感じさせることができる空間造りを求められた。

そして目指す空間と、既存の建物が持つポテンシャルを
どのようにバランスよく仕立て直すかが課題となった。

前述の通り、大自然の中で生まれた茶葉を感じさせる空間である必要がある。
選ぶ素材にはこだわり、時間や天候・季節によって見え方や感じ方が変化し、
ただ劣化するのではなく時を重ねた分味わいを増す、
また それらが生かされるスケールやディテールに注意を払った。

既存の京町屋の在り方、スケールを尊重しつつ求められる
ギャラリーや台湾茶を振る舞うための機能を加えていき、
それらをなじませるマテリアルとして素朴さを感じられ、
経年変化もする京都の黒谷和紙や土壁などの左官仕上げで空間を包んだ。

また、間の使い方や開口から入る光の反映のさせ方、
開口は障子を貼った建具で構成し、使用用途、時間帯・天候状況でも
対応できるようにし、照明計画もそれらと共存できるよう設計している。

京町屋という伝統ある建物から感じる日本の文化と小蔓氏が考える
台湾茶の文化がつながる、そんな場所になるのかと思う。

一級建築士事務所 こよりのプロフィール写真

一級建築士事務所 こより

中村 菜穂子・昌彦

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
この専門家の資料をリクエスト
竣工年
2017
部屋数
指定なし
家族構成
指定なし
構造
木造(全般)
敷地面積
50㎡〜100㎡未満
延床面積
50㎡〜100㎡未満
内装仕上げ
和紙貼り/左官仕上げ
所在地
京都府
ロケーション
都市
資料をリクエストする
あなたのプロフィール情報を入力してください。
  • お名前
  • メールアドレス
  • ご住所
    -
  • 建築予定地
  • 希望の予算
    万円〜万円
  • 完成希望時期
  • 同居する家族構成
  • 資料請求にあたっての注意事項

    1. 当社は,当社のプライバシーポリシーに則って,いただいた情報を利用します。
    2. 当社はお客様からいただいた個人情報を,お客様が指定された専門家へ提供すること、または当社サービスのご案内のために利用します。
    3. 当社は、本サービス又は利用契約に関し,お客様に発生した損害について、債務不履行責任、不法行為責任、その他の法律上の請求原因の如何を問わず賠償の責任を負わないものとします。
    4. 当社は、お客様が本サービスを利用することにより第三者との間で生じた紛争等について一切責任を負わないものとします。
キャンセル
入力内容を送信する
資料のリクエストが完了しました
リクエストありがとうございました!到着まで楽しみにお待ちください。
専門家の都合により、資料の送付が遅くなったり、送付できない場合があります。あらかじめご了承ください。
閉じる