建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
善光寺平を望む家の建築事例写真
善光寺平を望む家
株式会社伊東亮一建築設計事務所
もっと見る

敷地は前面道路から最大で6m程度落ち込んでいる傾斜地でした。そのデメリットを逆手にとり2階を主要な生活の場として計画しました。1階部分は極力小さくし自然の地形を残すよう配慮しました。
どの部屋からも眺望を楽しむことができるよう各室を横一列に並べ、長さ26m奥行き4.5mの細長い建物としました。木製サッシの大開口部が、まさしくパノラマ写真のように風景を切り取ります。
厳しい冬への備えとして、南面以外は壁を主体として構成しました。北風や吹雪から守る鎧のようなつくりです。単調な外観にならないように、陰影のあるガルバリウム鋼板ライン葺きの外壁、色彩は茶褐色とし、山の緑との調和を考えました。南側は大開口と庇の効果により、冬は太陽光を取り込み暖かく、夏の日差しは遮蔽します。東西に長い建物形状はこの場所の卓越風を取り込みやすくしています。信州の景観・自然・気候を活かした住宅です。

株式会社伊東亮一建築設計事務所のプロフィール写真

株式会社伊東亮一建築設計事務所

伊東 亮一

トライアル会員
トライアル会員とは
SuMiKa上で「トライアル」的に活動している会員を示します。この会員の実績を見ることはできますが相談や依頼をすることはできません。
通常営業中です
竣工年
2012
部屋数
指定なし
家族構成
指定なし
構造
鉄骨造
外壁仕上げ
ガルバリウム鋼板
屋根仕上げ
ガルバリウム鋼板
内装仕上げ
ビニルクロス貼り
床仕上げ
無垢フローリング
住設メーカー
Tform
予算帯
3000万円以上〜3500万円未満
所在地
長野県
ロケーション
坂道(斜面)