建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
もっと見る

のどかな風景に囲まれた高台に建つ住宅です。田舎のようでありながらも、建蔽率30%、容積率50%という法規制のため、敷地に空地が必然的に生まれるのが特徴的な場所でもあります。その敷地に南側隣地が建築前ということも考慮しつつも、「南側の風景を大事にした家」をコンセプトに計画しました。
軒の深いリビングは南に梁を見せながら伸ばすことで、外を内に取り込むと共に、外と内との一体感を持たせました。和室を含めた個室はすべて南に向け、2階は屋根に乗れる程の大きめの窓を設置し、景色を感じられるよう工夫しています。バルコニーも防水が施されたものでなく、木で製作することで、全体の雰囲気を損なわないよう配慮しました。また、仕上に桧の床や真壁の珪藻土などを採用することで空間に落ち着きと懐かしさを求めています。

加門建築設計室のプロフィール写真

加門建築設計室

加門 潤一

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
竣工年
2016
部屋数
指定なし
家族構成
指定なし
予算帯
2500万円以上〜3000万円未満
所在地
愛知県