建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
オエサンク | オエサンク
オエサンク
EN.Architecture+Design

オエサンク

もっと見る

高知市内にあるこの住宅は、馬の背型の変形敷地に計画された夫婦+子供2人(予定)+犬(クウ/ラブラドール)のための建築である。周辺は西側の4m道路向かい側にゴルフ練習場の巨大なグリーンのネットが聳え立ち北側に隣家、東側には用水路を挟んで隣家とアパート、南側にも隣家が迫っている。無秩序に付けられた窓郡に囲まれた敷地は好ましい眺望は望めない場所でもあった。周辺のコンテクストと同時に高知県の環境(気候・風土)を考慮しながら設計を進めた。
周辺の風景に頼れずプライバシーが必要な場所にクライアントのリクエストを具現化するため『光』と『水』そして、『蟻の巣』を採り入れた計画とした。接道間口の狭い敷地は一方向からの進入となるためアプローチゾーンにテクスチャーの表情が豊かなコンクリート素材を用いて人と車の分離や動線をスマートに誘う。コンクリート素材に負けないよう割り石を敷き詰めた前庭には、オリーブの木が程よいアクセントとなり凛としたファサードを創り出す演出とした。ドアノブの無いオリジナルの玄関ドアを開けエントランスに足を踏み入れるとハイサイドから射し込む光が玄関ホールを柔らかく包み込んでいる。引き戸を開け板張りの緩やかなスロープを上がりながらのギャラリースペースは高さ5m程のボイドから落ちてくる光と薪ストーブの黒い煙突が迎えてくれる。その横には天井高を抑えたリビングスペース(地下の空間)が密室性を保ちながら安定した居場所を創り出している。又、その二階に将来住む事に成るであろう二つの子供のスペースがカーテンと言う柔らかい緩衝材で間仕切られ夜、ギャラリーから見上げるとその緩衝材は大きな照明器具に変貌する。ギャラリーを抜けると水を湛えた水盤のあるダイニングキッチンスペース(水の空間)が高知の力強い日差しを享け水盤に反射した光のアートが出迎えてくれ『クウ』の遊び場兼、居場所となる。淡いブルーの光に染まったローカを進むと多目的に利用出来る置き畳がセットされたフリースペース(水際の空間)。フロアーと水盤のレベルを合わせる事で、地窓から身近に見える『水』の揺らぎが安らぎを与える。そして、フリースペース上階に上がる螺旋階段が二階のフロアーを円形に切り取り夫婦のプライベート空間へとつながりながら外部空間へと辿り着く。二つの白いBOXの隙間に挟まれたバルコニー(空の空間)は放射状に広がった帆船用ロープの手摺子の網目模様に囲まれる。
建築は、人生を楽しむ舞台装置の一つ、この空間でたくさんの出会いと時(とき)を重ねていくことを願っている。
青い空の下で…。

EN.Architecture+Designのプロフィール写真

EN.Architecture+Design

久成 文人

トライアル会員
トライアル会員とは
SuMiKa上で「トライアル」的に活動している会員を示します。この会員の実績を見ることはできますが相談や依頼をすることはできません。
通常営業中です
竣工年
2008
部屋数
指定なし
家族構成
指定なし
構造
木造(全般)
予算帯
4000万円以上〜4500万円未満
所在地
高知県
ロケーション
住宅地