建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
そらまどのいえの建築事例写真
そらまどのいえ
【快適健康環境+Design】森建築設計
そらまどのいえの建築事例写真
キャンバスに追加する
写真を拡大する
もっと見る

「そらまどのいえ」は南側隣地にあるアパートによる日射と通風障害を避けて2階壁上部の高窓から日射と通風を得るよう考えた住宅だ。
構造材は葉枯らし天然乾燥材の天竜TS材を採。

・耐震等級3
・熱損失係数 Q値2.04W/m2K
・夏季日射取得係数 μ値0.031
・エネルギー性能 50.84GJ
・年間ランニングコスト 11万円

①都心の住宅地では2階レベルまでは隣家の影響で風があまり流れていません。ですが2階屋根上の高さには1年を通じて安定した風が流れています。その安定した風を得ながら建物内部の圧力差を利用した自然換気も促すよような高窓です。高窓の上には夏の日差しは遮り冬の日差しだけを取り入れる庇を設けています。窓の大きさは冬の日中に採光だけで部屋を暖める事のできる大きさになっています。


②建物北がは暗くなりがちです。「そらまどのいえ」では暗くなりがちな北側に駐車場と玄関までのアプローチを設けています。そこで南側からの陽ざしを北側に導きながらデザインを整える縦格子を設けました。縦格子には杉を高熱処理したエステックウッドという材を使用しいるので再塗装などは不要です。

③縦格子は南からの陽ざしを反射させてバルコニーを明るくするという効果もあります。また通風を遮ることなく風を通すという役目もあるのです。「そらまどのいえ」のバルコニーは単なる物干し場ではなく休日は家族で朝食を取るなど有効に活用できるよう な広さを確保しています。ですので北側からの視線を遮ぎるという役目もあります。


 

【快適健康環境+Design】森建築設計のプロフィール写真

【快適健康環境+Design】森建築設計

森 健一郎

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
竣工年
2014
部屋数
3
家族構成
夫婦(子供あり)
構造
木造軸組住宅(在来工法)
敷地面積
100㎡〜150㎡未満
延床面積
50㎡〜100㎡未満
外壁仕上げ
サイディング
屋根仕上げ
ガルバリウム鋼板
内装仕上げ
漆喰珪藻土(メルシーライト)
床仕上げ
杉フローリング
建ぺい率
40
容積率
80
予算帯
2000万円以上〜2500万円未満
所在地
神奈川県
ロケーション
都市