建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
素朴な家の建築事例写真
素朴な家
建築アトリエTSUTSUMI
もっと見る

敷地は奥様の実家の一部を分けてもらい、奥に竹の小さな竹林、手前には小さな川が流れていました。カサカサ・ポチャポチャ・・・、桃畑の中のちょっとした高台です、夜には甲府盆地の夜景が2階から見えます。薪ストーブを使ったのは実家が桃農家で剪定した木も利用しようとしたからです。   
色んな好みを確認していたところ、建物(各部屋のイメージを)選曲した音楽で聞かせてもらいました、初めて音楽を聞きながらイメージをしてプランをしていました。未経験の事で面白かったです。少しノスタルジックな物が好みのようでしたので、外壁に焼き杉を使ったのも昔の工法で炭化する事での耐水性が向上する、瓦・レンガも燻された事によりあの美しい銀色が出来上がるという有機的な工夫が興味深いと選びました、杉板の床板は傷は付くけどもろともしない、朴訥でもどっしりした形体の材料を選び、県産のヒノキの柱などを使い、より地域性を感じられる事に思いを込めました。日本的だけれども、新しい解釈を表現してみようと思い、施主さんは「なぞるではなく、地球を一周してからまたそこに降り立った物」と表現して下さいました。 建物を出来るだけ機械に頼らず快適な生活を出来る様に工夫しました、外壁をシラスのそとん壁で内壁の多くを漆喰で仕上げて外~内への通湿もその一つです。 色んな事が盛り沢山ですが一番強く思っていた事は奥さんが言った言葉で「素朴な家」です。 私はその言葉に密かに「素朴でゆたかな家」をテーマに取り組みました。

建築アトリエTSUTSUMIのプロフィール写真

建築アトリエTSUTSUMI

堤 文彦

トライアル会員
トライアル会員とは
SuMiKa上で「トライアル」的に活動している会員を示します。この会員の実績を見ることはできますが相談や依頼をすることはできません。
お返事までお時間がかかります
竣工年
2010
部屋数
指定なし
家族構成
指定なし
構造
木造(全般)
外壁仕上げ
そとん壁掻き落し、一部焼き杉板張り
屋根仕上げ
1階いぶし瓦、2階鋼板平葺き
内装仕上げ
メイン漆喰塗り、珪藻土塗り(セルフ工事)
床仕上げ
杉板張り
予算帯
2000万円以上〜2500万円未満
所在地
山梨県
ロケーション