建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
もっと見る

この建物は屋島と高松市内を一望できる立地に建っているが、住宅団地の出入り口にある敷地のため他の敷地に比べて人や、車の流れの多い落ち着きに欠ける事が想像出来る場所でもある。
そのため施主のリクエストでもあったプライバシーの確保と、明るくて開放感ある上質な空間を創り出すため南道路ではあったがあえてクローズさせ二階の白いBOXが飛び出したファサードはシンプルなフォルムから凛とした存在感を感じられる計画とし、施主の『上質』というリクエストに答えた。
又、エントランスを抜けるとファサードからのイメージを、心地よく裏切る開放感溢れる空間が出迎えてくれる。高台に計画するメリットの一つとしてロケーションの良い位置に広いテラススペースを配置し、三角形のオリジナルターフが日差しと、外部からの視線を程よくカットし内外の空間に広がりと、一体感を演出させもう一つのリクエスト『明るく開放感』に答えた。

EN.Architecture+Designのプロフィール写真

EN.Architecture+Design

久成 文人

トライアル会員
トライアル会員とは
SuMiKa上で「トライアル」的に活動している会員を示します。この会員の実績を見ることはできますが相談や依頼をすることはできません。
通常営業中です
竣工年
2008
部屋数
指定なし
家族構成
指定なし
構造
木造(全般)
予算帯
2000万円以上〜2500万円未満
所在地
香川県
ロケーション
住宅地