建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
沓掛の家の建築事例写真
キャンバスに追加する
写真を拡大する
もっと見る

畑が周りを囲むご実家を、畑を造成し敷地を広げ、二世帯で暮らすために計画した住宅。
オーナー(ご主人)としては元々が平屋であり、その生活に慣れていたため、階段のある家に憧れを持たれていたが、敷地が広大であることや平屋の素晴らしさなどをお話し、計画をさせて頂いた。
広大な敷地にロの字型に建物を計画することにより、全ての空間に自然の明るさと風の流れが感じられるようにし、LDKと和室では3本の引戸により可変性のある空間にすることで、家族のライフタイムのずれを調整できるようにしている。また一方で、中庭を介して、それぞれの気配は感じてもらえるよう配慮した。玄関ホールは中庭に土足で子供や犬が入ることも想定し、タイル仕上としている。

加門建築設計室のプロフィール写真

加門建築設計室

加門 潤一

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
竣工年
2009
部屋数
指定なし
家族構成
指定なし
構造
木造(全般)
予算帯
3000万円以上〜3500万円未満
所在地
愛知県
ロケーション
郊外