建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
ほら貝の家の建築事例写真
ほら貝の家
加門建築設計室

ほら貝の家

もっと見る

南側に公園があり、閑静な住宅地であるが、形状が扇型であり、高低差も約2m程ある敷地に計画した住宅。1階には畳コーナー(引出し付)のあるLDKを配し、リビングからこの家の特徴のひとつ『空飛ぶ階段』を上がって2階へ行くと、子供部屋、寝室、吹き抜けと、洗面、浴室などの水周りがある。そして、さらに階段を上がると、ロフト、屋上バルコニーがあり、この辺りの景色が一望できる。2階に水周りがあることを敬遠される方も多いが、晴れた日は屋上で、雨の日はロフトで洗濯物を干したりすることへの配慮でもある。畳コーナーを含めたインテリアテイストは濃い色を床や梁に持ってくることで、古民家を意識した仕上げにしている。

加門建築設計室のプロフィール写真

加門建築設計室

加門 潤一

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
竣工年
2009
部屋数
指定なし
家族構成
指定なし
構造
木造(全般)
予算帯
2000万円以上〜2500万円未満
所在地
愛知県
ロケーション
住宅地