建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
連続する木の骨組みが奥行感を出し、片方は森へと開かれる | 富士見UC邸<木の骨組みが林立する森の家>
富士見UC邸<木の骨組みが林立する森の家>
植本計画デザイン

富士見UC邸<木の骨組みが林立する森の家>

もっと見る

 ヨーロッパでは高い文化レベルを維持しつつ、自然の中でゆったりと過ごす生活スタイルが浸透しています。クライアントはドイツでいくつもの自動車メーカーを渡り歩いて来られたインダストリアルデザイナー。ヨーロッパスタイルの“森の中の文化的な暮らし”を実現するためのアトリエ付住宅です。
 
 敷地は畑が森に切り替わる場所にあり、八ヶ岳の裾野の傾斜に沿った緩斜面。外観は森の中に埋没させ、中に入ると、森に向かって一気に視界が開けるようにしました。こぎれいにまとめるのでは、大自然の力強さに到底かなうわけはないので、多少荒々しくはあっても生命力のある空間をつくりたい、そのように考えました。
 木の門型フレームによって全体の空間の骨組みを作り、平面的にはくの字型に折れ曲がり、断面的には斜面に沿って徐々にスキップさせることで、土地の特性を読み込んだ構成になっています。

 また、標高は1200mあり冬季は当然寒いですが、晴天率は高いので、薪ストーブとOMソーラーシステムを組み合わせたパッシブソーラーハウスとし、快適性と省エネの両立を図っています。

 事務所のサイトでも詳しく紹介していますので、是非ご覧ください。
http://www.uemot.com/case/detached_houses/houses_detailat25/

植本計画デザインのプロフィール写真

植本計画デザイン

植本 俊介

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
竣工年
2005
部屋数
6
家族構成
夫婦(子供あり)
構造
混構造
敷地面積
300㎡以上
延床面積
200㎡〜300㎡未満
予算帯
5000万円以上
所在地
長野県
ロケーション
家づくりチーム

山口工務店

SIGLO建築構造事務所

ZO設計室