建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
いつも日なた、いつも日かげの家の建築事例写真
いつも日なた、いつも日かげの家
桑原茂建築設計事務所

いつも日なた、いつも日かげの家

いつも日なた、いつも日かげの家の建築事例写真
キャンバスに追加する
写真を拡大する
もっと見る

海に近く平坦に開けた敷地。

さえぎるものが無く太陽光や強い風にさらされる厳しい環境に、
簡易な設えでサスティナブルな住宅をつくる方法を模索したプロジェクトです。

キャンプ場でタープを張ると雨天だけでなく晴天時も便利だったことから、
「タープが作る日かげ」と「快適なエリア」の相関性に注目し、
太陽の動きと共に『屋根と床』の関係を根本から見直すことにしました。

最終的にはコンピューターで太陽の年間軌道を追跡し、
動く影の範囲を逆算していくように室内の範囲を決定しています。

必要な日照を大きな屋根が季節に合わせて調整し、
『冬季はいつも日なた・夏季はいつも日かげ』となる室内を作り出します。

・庭と室内の中間的な環境をつくる深い庇が日照量をコントロールする。
・雨や風を受け流す屋根の勾配が換気を促すハイサイドの開口を作る。
・屋根を支えている薄肉の梁は壁化し、背面収納の仕切りとなって住い易さを作り上げる。
・プライバシーを守るべき浴室をコンクリートの壁で作って耐震性を高め、
 空間の合間に置いて寝室を分節して作る。
・引戸を開け放つと、タープ下にいるような爽風が抜ける場所となる。

建築を構成する一つ一つのエレメントが互いに補い相いながら、
住宅に望まれる様々な役目を静かに担っていく、、
そんな住宅を目指しました。

1この事例、ここを見てください!

コンピューターによる日照の解析を行って最適な屋根形状を見出しました。
結果、深い庇が必要な太陽光をコントロールすることから、
冬暖かく・夏涼しい、エネルギー消費の少ないサスティナブルな住宅となっています。

2理想の暮らしの実現のため、こうして私は課題を解決した

コンピューターによる年間の日照解析を行い、最適な屋根形状を見出しました。模型を幾つも作ったり、最新の3次元ソフトを使ったりとデジタルとアナログを織り交ぜながら丁寧に設計しています。

3これから家づくりを考えている方へ

川崎の北部にある弊社から、いすみ市の現場までアクアライン・圏央道経由で1.5時間程。景色も良くて工事監理にいくドライブを毎回楽しんでいました。急行もあって都心に通うことも出来る距離感なのに、土地の値段はとてもお買い得です。外房方面は週末住宅を持つのに適した環境だと感じました。

桑原茂建築設計事務所のプロフィール写真

桑原茂建築設計事務所

桑原 茂

トライアル会員
トライアル会員とは
SuMiKa上で「トライアル」的に活動している会員を示します。この会員の実績を見ることはできますが相談や依頼をすることはできません。
通常営業中です
竣工年
2016
部屋数
1
家族構成
夫婦(子供なし)
構造
木造(全般)
敷地面積
300㎡以上
延床面積
50㎡〜100㎡未満
外壁仕上げ
米杉パネル
屋根仕上げ
ガルバリウム鋼板
内装仕上げ
Kペイント
床仕上げ
積層フローリング板
予算帯
2000万円以上〜2500万円未満
所在地
千葉県
ロケーション
郊外