建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
民芸調の畳間の家 | 民芸調の畳間の家
民芸調の畳間の家
近建築設計室

民芸調の畳間の家

もっと見る

http://www.kon-arch.com/gallery/main.php?mode=detail&article=27

畳の間が主体の、現代ではちょっと珍しいお宅です。
1階は居間〜客間のメインの部分、2階はホールなど共有部分以外の全ての居室が畳の間となっています。
登り梁工法で建てられていて、通し柱は5.0寸です。
敷地は区画整理地内でしたので、実際に建築工事に入るまで数年を費やしました。
また、遺跡が埋まっているかもしれない所でしたので、土地の調査にも時間が掛かりました。

■建物概要(新築)
【建築地】 静岡県袋井市高尾地内
【用途地域】 区域区分非設定地域 容積率:200%、建蔽率:70%
【敷地面積】 408.00㎡(123.17坪)
【主要用途】 一戸建ての住宅
【構造、規模】 木造在来軸組工法・2階建
【1階床面積】 117.76㎡(35.55坪)
【2階床面積】 69.56㎡(21.00坪)
【延床面積】 187.32㎡(56.55坪)
【工事期間】 2009.1〜2009.8
【建築形態】 CM・A(分離発注方式)

近建築設計室のプロフィール写真

近建築設計室

近藤 正宏

トライアル会員
トライアル会員とは
SuMiKa上で「トライアル」的に活動している会員を示します。この会員の実績を見ることはできますが相談や依頼をすることはできません。
通常営業中です
竣工年
2009
部屋数
指定なし
家族構成
指定なし
構造
木造(全般)
予算帯
3000万円以上〜3500万円未満
所在地
静岡県
ロケーション
住宅地