建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
Fビル 狭小敷地の集合住宅 | Fビル 狭小敷地の集合住宅
Fビル 狭小敷地の集合住宅
一級建築士事務所 森吉直剛アトリエ

Fビル 狭小敷地の集合住宅

もっと見る

間口4.5M、奥行き23Mの狭小細長敷地である。1階を事務所、2階を一戸の住居、3階〜5階をオーナーの住居とした事務所付き集合住宅の形式をとっている。
最大のテーマは都心のこの細長い敷地でどのようにして居住性を高めるかである。具体的には天井高を変化させたり、吹抜けを設けて断面的な広がりをもたせることで対応している。住人が室から室へ移動するなかで天井高は変化していき、上部或いは下部に抜けた空間に出会う。そうすることによって平面的な知覚よりも断面的な知覚体験が優先され敷地形状を意識させない効果をねらっている。また周辺の環境を遮断し居住性を高めるために南側バルコニー前面に壁と木製のルーバー(不燃認定品)を設けて外部との結界を作っている。ルーバー間隔は各床から2M程は密にして路上からの視線を遮り、上部にいくほど粗にして十分な陽光も確保出来るようにした。また可動式として必要に応じて開閉できるようにもなっている。木のルーバーのグラデーションと白い壁が、幹線道路沿いに柔らかい表情を与えている。

一級建築士事務所 森吉直剛アトリエのプロフィール写真

一級建築士事務所 森吉直剛アトリエ

森吉 直剛

トライアル会員
トライアル会員とは
SuMiKa上で「トライアル」的に活動している会員を示します。この会員の実績を見ることはできますが相談や依頼をすることはできません。
通常営業中です
竣工年
2003
部屋数
指定なし
家族構成
指定なし
構造
木造軸組住宅(在来工法)
予算帯
5000万円以上
所在地
東京都
ロケーション
都市