建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
niigata-f house「テーブルの家」の建築事例写真
niigata-f house「テーブルの家」
a not-DESIGN

niigata-f house「テーブルの家」

niigata-f house「テーブルの家」の建築事例写真
キャンバスに追加する
写真を拡大する
もっと見る

「家族が、時には一緒に、時には気配を感じる程度の距離感を」と、施主のやや漠然とした言葉から始まった家創り。
元々のマンション住まいで感じていた「同じ屋根の下に居るのに別々に居る感じ」を解消したいとの事だった。

母屋は正方形を基本とし、「離れ」としての和室が付随している。離れとはウッドデッキで繋がっている。

母屋の1階は十字型に区切られ、リビング、ダイニング、キッチン、スタディーコーナー、と4つのエリアに分けられた。

十字の中心には各エリアを横断するように一枚の大きな天板が配置されており、それぞれを繋いでいる。この天板はエリアごとにテーブル、キッチン、
デスク、とその役割を変移させていく。

各エリアの床高は天板の高さを基準に決定された。高さの揃ったテーブルトップは、お互いの目線の高さも揃えてくれ、別々のエリアに居ながら、どことなく家族も繋いでくれる。

この家では部屋の境界が壁ではなく床の段差が境界となっている為、
緩やかなコミュニケーションを実現している。


1階と2階の境界は大きな吹き抜けでつながっており、家全体が一体空間として感じられる。この吹き抜けを介して趣味の音楽が家中に浸透し、冬になれば薪ストーブの暖気を室内全体に運ぶ役割も果たしてくれる。


居住空間の壁面には窓がほぼ一つしかない事も大きな特徴だが、2つの吹抜に設置された大きなトップライトからは、一日を通して光が降り注ぎ、1階を含めた家全体を程良い明るさで包み込む。

和室は母屋とは対照的に墨色を基調としたダークな色でまとめられ、自らと向き合えるような静寂の空間となっている。低い天井に設置されたトップライトは月明かりも照明に変えてしまう。
正月には和室に家族を集め、新年の挨拶を交わすのだという。

1この事例、ここを見てください!

1 1階は大きなワンルームとなり、その中心に大きなテーブルを配置。リビン グ、ダイニング、キッチン、スタディーコーナーを緩やかに繋いでいる。

2 リビングに大きな窓以外はトップライトよりやさしい光を供給。

3 離れの和室

2理想の暮らしの実現のため、こうして私は課題を解決した

1階は十字型に区切られ、リビング、ダイニング、キッチン、スタディーコーナー、と4つのエリアに分け、床高は天板の高さを基準に決定。高さの揃ったテーブルトップは、お互いの目線の高さも揃えてくれ、別々のエリアに居ながら家族どうしが緩やかに気配を感じれるように工夫しました。

1階と2階の境界は大きな吹き抜けでつながっており、家全体が一体空間として感じれるようにしました。

3ここに住んでいる方からのメッセージ

施主が家創りについてブログを書いてくれています。色々なエピソードや現在の住み心地などを詳しく書かれています。
ご興味がありましたらご覧頂けると幸いです。

http://fanblogs.jp/niigatamaki/category_4/

a not-DESIGNのプロフィール写真

a not-DESIGN

松石 直樹

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
竣工年
2016
部屋数
1
家族構成
夫婦(子供あり)
構造
木造(全般)
敷地面積
300㎡以上
延床面積
100㎡〜150㎡未満
外壁仕上げ
ガルバリウム鋼板
屋根仕上げ
シート防水
内装仕上げ
AEP塗装仕上げ
床仕上げ
フローリング
建ぺい率
50
容積率
100
予算帯
2000万円以上〜2500万円未満
所在地
新潟県
ロケーション
住宅地