建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
校庭の片隅に建つ学童保育施設の建築事例写真
校庭の片隅に建つ学童保育施設
有限会社古里設計一級建築士事務所

校庭の片隅に建つ学童保育施設

校庭の片隅に建つ学童保育施設の建築事例写真
キャンバスに追加する
写真を拡大する
もっと見る

こどもにとって心地よい空間とは

 市立小学校の校庭の片隅に建てられた学童保育施設である。

 こどもは大人に比べ心身共に弱い存在である。大人よりもストレスを感じやすい分、こどもたちには心地よい空間を提供しなければならない。心地よい空間とはまずはじめに、採光・眺望・通風である。しかしながら、この施設は校舎配置の関係から保育室を南側に配置することがでない。そこで、北・西側の校庭に向かって眺望を確保し、南・東側のトップサイドライトから採光を確保することとした。結果的に保育室は4方向に開口部ができ、風通しの良い居室となった。

 また、子どもは走り回って遊ぶものである。そこで、北・東側の開口部は全て掃き出し窓とし、ベランダを通じて校庭を走り回れるよう計画した。

 「こどもたちにとって居心地のよい空間とは採光・眺望・通風に優れ、走り回れる場所である」との考えを今回の施設計画で実践した。

有限会社古里設計一級建築士事務所のプロフィール写真

有限会社古里設計一級建築士事務所

古里 正

トライアル会員
トライアル会員とは
SuMiKa上で「トライアル」的に活動している会員を示します。この会員の実績を見ることはできますが相談や依頼をすることはできません。
通常営業中です
竣工年
2009
部屋数
指定なし
家族構成
指定なし
構造
木造(全般)
外壁仕上げ
アクリルリシン吹き付け
屋根仕上げ
カラーガルバリウム鋼板 瓦棒葺き
内装仕上げ
シナ合板
床仕上げ
ナラフローリング
予算帯
3000万円以上〜3500万円未満
所在地
千葉県
ロケーション
都市