建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
階段の家 | 階段の家
階段の家
有限会社古里設計一級建築士事務所
階段の家 | 階段の家
キャンバスに追加する
写真を拡大する
もっと見る

国道部分の拡幅に伴う事務所併用住宅の建て替えです。1階はオーナーの事務所と駐車場、2・3階が住居。北側を走る国道以外、三方向を隣地に囲まれた近隣商業地域の狭小敷地のため、各居室に対し採光・眺望をどう確保するかがテーマとなりました。
まず、北側の国道に面し大きな開口部を配し、バッファーゾーンとしての階段を通して、2階居室への柔らかい採光と眺望を求めました。北側に大きな開口部をつくる手法はしばしばアトリエなどに用いられ、柔らかい光は室内に眩しさ・高温・陰をつくらず、実はとても居心地が良い。次に、3階は南側バルコニーで外部空間を取り込み、そこから居室への採光を確保しました。現在、敷地の南・西側はカーディーラーの駐車場となっていますが、将来に渡り居住性が確保されています。

居室と国道の関係
2階リビング・ダイニングはバッファーゾーンとしての階段を挟んで北側国道に開放されています。2階寝室は階段と更に障子を挟んで国道に面し、3階寝室は国道に背を向けていまる。各居室のプライバシーの求められ方に合わせて国道との関係を規定していまる。家の中のパブリックゾーンは階段を挟んで街に開放されていますが、実際は外部からの視線をロールスクリーンでコントロールしています。

街と建築の関係/建築と部屋の関係
既存の街並みの中で、建築を直方体という純粋な幾何学形態にすることにより、違和感のない存在感を与えることができると考えました。更に、直方体を強調するために、外観を白にし、それに合わせ内部も白を基調としました。また、白いインテリアの中でパブリックゾーンの柱と筋交いを露出し、木造在来工法を象徴的に扱うことによより、幾何学形態が強調されています。

受賞:建築webコンペ040315当選実施
雑誌等掲載:「創立30年記念誌」(社団法人 千葉県建築士事務所協会)

有限会社古里設計一級建築士事務所のプロフィール写真

有限会社古里設計一級建築士事務所

古里 正

トライアル会員
トライアル会員とは
SuMiKa上で「トライアル」的に活動している会員を示します。この会員の実績を見ることはできますが相談や依頼をすることはできません。
通常営業中です
竣工年
2006
部屋数
指定なし
家族構成
指定なし
構造
木造(全般)
予算帯
2000万円以上〜2500万円未満
所在地
千葉県
ロケーション
都市