建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
暮らしのアイデア帖
2016年10月 4日

頭のいい子に育てる!勉強のできる子が育つ家のアイデア12選

家づくりにおいて“子どもの空間”をどうつくるかは、いろいろと考えてしまうもの。独立した子ども部屋をつくるべきか、リビング学習にするべきか、子どもの好奇心を刺激するには何を置いたらいいのかなど、悩みは尽きません。

そこで今回は、子どもの教育に役立つ家づくりのアイデアをピックアップ。「これだ!」と思う空間が見つかるかもしれません。

リビング学習で、学習を習慣化

47d114ec-910a-4a47-8b5a-9e49492f2f32
キャンバスに追加する
写真を拡大する

育みの家(ジャストの家)

ここ数年、勉強に集中できると人気の「リビング学習」。リビングに専用の机を用意するのも方法ですが、こちらは、リビングと2階をつなぐ、階段のスキップフロアに学習スペースを設置した事例です。お母さんは家事をしながら、子どもの様子をみることができるのはもちろん、子どもは、自分の部屋のような十分な広さの空間を持つことができます。

ダイニング学習で、学習を習慣化

3f5337a8-ba44-4874-88cc-092d0247cfb6
キャンバスに追加する
写真を拡大する

kitchen with mama(株式会社じょぶ)

942d4960-3ecd-4547-aa20-0b570ff61278
キャンバスに追加する
写真を拡大する

たまプラーザのリノベーション(横浜市青葉区)(ショセット建築設計室)

食事をするダイニングルームでの学習もリビング同様“集中力が養われる”“大人がすぐに対応できる”などのメリットがあるといわれています。ダイニング学習に適した子ども用の椅子を活用するのもおすすめ。

またダイニングルームの場合、食事の時間に勉強が中断されるという心配がありますが、あらかじめ、勉強時間を決めておくことで、規則正しい勉強の習慣を身につけることもできそうですね。

学びのきっかけを家の中にふんだんにつくる

93ebb313-1ac8-4558-a199-ad959cf986cf
キャンバスに追加する
写真を拡大する

H-house 「走り回る家」(アーキテクト憧)

5b920220-ff00-466d-b2a3-f732464a3694
キャンバスに追加する
写真を拡大する

H-house 「走り回る家」(アーキテクト憧)

こちらは、子どもたちが安全に遊べ、教育できる空間をコンセプトにした“走り回る家”。特徴的なのが、壁にランダムに抜かれた、カラフルなスリットです。見ているだけでもワクワクするこのスリットは、小物を置くスペースにでもありますが、子どもが隠れて覗いて遊ぶことができるアイテムとして活躍します。

2階はリビングと吹き抜けでつながる“スタディコーナー”。こちらはリビング・ダイニングに続く、コミュニティ&教育の場。子どもたちは家全体を通して、遊んで学ぶことができます。

ひとつの本棚に大人と子どもの本を同居させる

862f0fd4-4188-4896-92e9-1197bb817c55
キャンバスに追加する
写真を拡大する

ライブラリーのある家(WHIM-design建築事務所×F憩家fika)

Ec79a87b-5568-40fe-8ffc-446be1b13158
キャンバスに追加する
写真を拡大する

kitchen with mama(株式会社じょぶ)

子どもと大人の本が一緒に並ぶ、大きな本棚をつくるのもひとつのアイデア。子ども専用の本棚を持つのではなく、本棚を共同にすることで、子どもが本により興味を持つことができるといわれています。たとえば写真のように小さなライブラリーを設け、一緒に読書の時間を作るのも◎。親が楽しそうに読んでいる姿をみせるのも効果的ですし、わからないところはすぐに聞けるという環境も子どもが本に親しみやすくなります。

また部屋のいたるところに本を置くのもおすすめ。本に囲まれた環境をつくることで、子どもの好奇心を刺激することができます。

家全体が子ども部屋!

C2ae4f44-1069-40ef-a786-fccd75df3ea1
キャンバスに追加する
写真を拡大する

ENJOY HOUSE ~ 遊園地な家(しらいし設計室)

9233f6a6-d6b8-4786-957c-bb457a180259
キャンバスに追加する
写真を拡大する

ENJOY HOUSE ~ 遊園地な家(しらいし設計室)

元気いっぱいの子どもたちは、家の中でじっとなんてしていられません。こちらは、そんな「一日中、遊びたい!」という子どもの気持ちを満たしてくれる遊園地のような家です。階段を降りるときは“滑り台”、ロフトに上がるときは“縄はしご”、天井には“雲梯”、水遊びができる“土間玄関”と、アイデア次第で遊びかたは無限大。子どもたちの想像力や集中力を育んで、たくさん遊んだあとは、気持ちを切り替えて勉強に取り組んでくれそうです。

扉を外して、コミュニケーション不足を解消

3c8c997c-67d4-404d-9969-8d8c86f85e6a
キャンバスに追加する
写真を拡大する

念願のリビングテラスは子供も大人も遊び場に(株式会社 家づくり工房)

子ども部屋を持つ心配のひとつに、子どもが部屋にこもってしまうことで起こる“親子のコミュニケーション不足”があります。とはいえ、子どもがひとりになれる子ども部屋をつくってあげたいという場合、思い切って窓を外してみるのはどうでしょう。いつでもオープンな空間なら、子どもがちゃんと宿題をしているか気になるけど、ドアをノックしづらいという問題もなくなりますね。

パソコンと勉強のスペースを分離

Eab01dcb-7910-4f1f-b59d-6727866898ab
キャンバスに追加する
写真を拡大する

回遊できるマンションリノベ/WHIM(WHIM-design建築事務所×F憩家fika)

子ども部屋にパソコンを設置すると、勉強中などの調べ物などにも便利ですが、どうしても部屋にこもりがちに。パソコンは子ども部屋ではなく、家族の共有スペースに置くのも、親子のコミュニケーションを増やす良い方法です。たとえば、リビングにパソコンカウンターを設けて、調べ物はそこで行うようにすると、子ども部屋もリビングもバランス良く使って勉強できます。

子ども部屋の壁収納で勉強に集中

4189da40-07a6-4508-ab01-b562078056c9
キャンバスに追加する
写真を拡大する

常盤台の家(有限会社 豊田建築設計室)

家具がぎっしり並びがちな子ども部屋は、カウンターデスクにすることで、背後にすっきりとした直線の動線ができ、整頓しやすくなります。棚を置く場合も動線がすっきりとするように直線に置くのがポイント。こちらはそんなカウンターデスクの後ろ側に大きな棚を設けた事例。教材や小物など、棚にわかりやすく片付けることで、勉強にも集中できそうです。また使いやすい棚は、自分で整理整頓する習慣も身につきますね。

文字が書けるボードを設置

119baec8-851d-42ef-896a-468b92bfd4be
キャンバスに追加する
写真を拡大する

マナビノモリ(Life style工房)

お絵描きは子どものひらめきや想像力、また伝える力などを育むとてもよい方法だといわれています。紙の上だけでなく、子ども部屋に大きなボードを用意すると、子どもはいつでも自由に楽しむことができます。たとえば、何度でも書いて消せる黒板やホワイトボードは、子どもの表現力をぐいぐい伸ばしてあげられそうです。お絵描きだけでなく、宿題の分からないところをお母さんが説明してあげたり、“今日の問題”を用意してあげるなど、いろいろな使い道がありそうです。

秘密基地のようなそこに居るだけで楽しい子どもスペース

135f6d4a-2bcb-4d3c-857e-af2056708de8
キャンバスに追加する
写真を拡大する

ロフトベッド2(sunoma 一級建築士事務所)

9b02f840-182d-43eb-af8c-56159c026207
キャンバスに追加する
写真を拡大する

nr1977-(mihadesign)

75a6a2d0-0425-4df7-a4c7-8bdfdb594e3b
キャンバスに追加する
写真を拡大する

nr1977-(mihadesign)

写真上は子ども専用のロフトベッド。窓やコンセントの位置など、細かい打ち合わせをして完成したオリジナルで、リビングに置かれています。写真中央&下は、家の中にハコ(小屋)を置いて、子どもそれぞれのベッドと部屋を確保した事例。ハコは上部で視界が抜けるよう設計されているほか、周囲は回遊できるため、個室でありながら、子どもたちはいつでも兄弟の様子を感じることができます。勉強したり、遊んだり…、隠れ家のような空間に子どもも大満足です。

庭に勉強小屋をつくる

5b8d949e-1b7f-4546-88a3-36987e70250e
キャンバスに追加する
写真を拡大する

員弁の小屋(市原忍建築設計事務所)

子どもが勉強に集中できる部屋が必要な場合、家とは別に庭に勉強小屋をつくってみるのはいかがでしょう。テレビや食事など、家族との会話など、家の楽しい誘惑から少しだけ隔離された空間は、勉強に集中するにはよい方法かもしれません。

リビングに浮いているようなユニークな子ども部屋

12bc9cb0-c526-483e-8f06-ea392ebd0071
キャンバスに追加する
写真を拡大する

サンドイッチハウス(こぢこぢ一級建築士事務所)

リビングの上にひとつの小さな家が浮いているような、ユニークなデザインが印象的。自分だけの家のようなデザインに、子どもも大喜びしそうです。家族の気配をいつでも感じられるこの部屋なら、勉強や遊びに集中できるのはもちろん、プライバシーを保ちつつも、家族とのコミュニケーションをとることができますね。

いかがでしたでしょうか。子ども部屋といってもそのカタチはさまざま。年齢だけでなく、自分の部屋がある方が向いている子、リビングで勉強するほうが集中できる子など、その子のタイプによっても部屋のあり方は違ってきそうです。自分たちのライフスタイルや教育方針に合った理想の子ども部屋をみつけてみてください。

Text SuMiKa編集部

関連する記事

前の記事

運動会での子どもの活躍が楽しみになる!?運動が得意な子...

次の記事

築50年の機織り工場が、開放的で味わいのある住空間に大変身