建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
domino shelfの建築事例写真
domino shelf
一級建築士事務所FOAS大橋史人建築設計
もっと見る

スタジオの打合せスペースと作業スペースとを分ける棚.
風の流れをコントロールしたり、作業時と打合せ時の視線をコントロールしたり.そのために棚は適所に開口が設けられ、ひとつの大きな建築化した家具となった.
打合せスペースでは静的な印象を作るため、上下収納は、ラワンのマッシブな箱としている.中段の収納は半透明のアクリル引戸で自然光を通しながら、内部の書物を抽象化する役割をしている.
また、作業スペースからは、すべてオープンシェルフとなっており、作業性を優先させている.収納棚のフレームはラワンランバーを使用し、内部間仕切りはすべてスティールプレートを差し込んでいるのみとなっている.たくさんの書物が収納されると、スティールプレートは存在が消えていき、外側のラワンのフレームのみが浮き上がり、圧迫感を軽減し、むしろ軽やかさを演出している.

材料:ラワンランバー スティールプレート
撮影:新澤一平

一級建築士事務所FOAS大橋史人建築設計のプロフィール写真

一級建築士事務所FOAS大橋史人建築設計

大橋 史人

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
竣工年
2010
部屋数
指定なし
家族構成
指定なし
構造
その他
所在地
海外
ロケーション
都市