建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa

茶山の家

茶山の家 | 茶山の家
キャンバスに追加する
写真を拡大する
もっと見る

構造:在来木造
階数:地上2階建

高齢者夫婦の住宅。動線の簡略化、段差の解消といったハード面に加え、
庭を生活空間の一部として位置づけし、庭との関係性を重視したすまい。
大きな開口部と快適性を両立するため、「床下空間」を活用しており、冬は床下空調により窓際を重点的に空調し、夏は床下のひんやりした空気を換気とあわせて循環。また床下をしっかりとることで配管の維持管理も容易になりサスティナブルな施設となります。
季節の風景を楽しみながら快適に過ごせる家となりました。

+atelierのプロフィール写真

+atelier

向阪 一郎

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
竣工年
2008
部屋数
指定なし
家族構成
指定なし
構造
木造(全般)
所在地
大阪府
ロケーション
住宅地