建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
神戸六甲の小さな家の建築事例写真
神戸六甲の小さな家
藤原・室 建築設計事務所

神戸六甲の小さな家

もっと見る

山手の静かな住宅地に建つ小さな家。
 クライアントは、この地域が気に入っており、そこで敷地を探し、細長い小さな敷地を購入した。
 クライアントは木の小屋のような家が好みとの事であった。他は居間、寝室、子供室等の基本的な要望である。しかし各部屋の大きさは小さなもので構わない、天井が低くてもよいといった内容であった。
住宅密集地の典型でもあるが、両側が建物に挟まれて、自然光がとりにくい環境であったので、建物を手前と奧の2棟に分けて、分断した部分に壁と屋根をガラスで囲み、そこから光を取り込むプランとした。
 手前と奧の建物(=小屋)を階段でつなぎ、「小屋」を行き来するように階段を上がっていく。例えば、リビングから奧の「小屋」を眺めると、ガラスによって分けられた別の「小屋」があるように感じられる。
 「小屋」同士を繋ぐガラス部分が、この建物の特徴の一つである。ガラス部分は主に階段スペースとなっている。1階部分の床はモルタルで仕上げられており、そこにテレビを見る場所が階段下に作られている。階段に座るとガラスに囲まれた空間により、外部にいるような開放感のある雰囲気を過ごすことが出来る。

閲覧ありがとうございます。
詳しくは

神戸の小さな家
http://www.aplan.jp/works/rokko/rokko.htm

または

藤原・室 建築設計事務所HP
http://www.aplan.jp/

へどうぞ。

家づくりカテゴリー:新築戸建て
藤原・室 建築設計事務所のプロフィール写真

藤原・室 建築設計事務所

藤原慎太郎 室喜夫

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
部屋数
指定なし
家族構成
指定なし
構造
木造(全般)
所在地
兵庫県
ロケーション
都市