建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
家の中心に位置するダイニング。吹抜で2階とつながり、長手はキッチンにつながる。 | 本庄SB邸<4つの庭に挟まれ奥行を感じる家>
本庄SB邸<4つの庭に挟まれ奥行を感じる家>
植本計画デザイン

本庄SB邸<4つの庭に挟まれ奥行を感じる家>

家の中心に位置するダイニング。吹抜で2階とつながり、長手はキッチンにつながる。 | 本庄SB邸<4つの庭に挟まれ奥行を感じる家>
キャンバスに追加する
写真を拡大する
もっと見る

 東京に比べ敷地にゆとりがある本庄の市街地。南北が短く東西に細長い敷地です。骨になる廊下の軸線が建物中央を東西に貫き、串刺し状にいろんな空間をつないでいく。性格の異なる4つの庭を間に挟んで、空間的な「間」を作り出すことを意図しました。家の中心にリビングダイニングを設けています。

 リビングの中心に薪ストーブを据え、薪ストーブ上部から集熱し、ダクトで床下に空気を導く床下暖房を採用しています。南側のガラスから直接室内に取り込んだ暖気が天井まで上昇するので、薪ストーブの暖気と合わせて集熱しています。

 真冬でも天気の良い日には暑いくらいになり、太陽熱がメイン、薪ストーブをサブと考えても良いくらい効果があります。昼間に取り込んだ熱は床下に蓄熱され、夜まで暖かさが持続します。寒くなってきたら、補助暖房として薪ストーブに火をいれれば、太陽熱+薪ストーブの熱をまとめて集熱できるので一石二鳥です。

植本計画デザインのプロフィール写真

植本計画デザイン

植本 俊介

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
竣工年
2008
部屋数
4
家族構成
夫婦(子供あり)
構造
木造軸組住宅(在来工法)
敷地面積
300㎡以上
延床面積
150㎡〜200㎡未満
外壁仕上げ
リシン吹付
屋根仕上げ
塗装ガルバリウム鋼板
内装仕上げ
左官壁
床仕上げ
ナラフローリング
所在地
埼玉県
ロケーション
住宅地
家づくりチーム

八木建設