建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
moominの建築事例写真
moomin
(有)新田正樹建築空間アトリエ
もっと見る

敷地は、一般的な傾斜地とは言いがたいが、道路面につながる敷地と一段下がった敷地(≒-1600)という段差敷地である。また敷地そのものも、≒3000のコンクリート擁壁による造成地である。この段差をいかに生かした設計にするかが最大のポイントであった。ここでは階数は2だがフロアーは4層にわたるという変則スキップフロアー形式を採用した。また構造も、基礎を兼ねたコンクリートと木造の変則混構造形式である。メイン空間であるLDKは集成材曲げ加工により、外壁、屋根(天井)が一体の独特な空間を作っている。

家づくりカテゴリー:新築戸建て
(有)新田正樹建築空間アトリエのプロフィール写真

(有)新田正樹建築空間アトリエ

新田 正樹

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
竣工年
2007
部屋数
指定なし
家族構成
指定なし
構造
鉄骨造
所在地
大阪府
ロケーション
坂道(斜面)