建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
巻の住宅ー2焦点ハウス | 巻の住宅ー2焦点ハウス
巻の住宅ー2焦点ハウス
フューチャースケープ建築設計事務所
もっと見る

新潟平野の西端に位置する住宅。

この地域では、標高600m程度の2つの山系、弥彦山と角田山が望めます。
クライアントも、子供時代、山を見た記憶を語るほど、地域の人にとってのランドマークであり、クライアントの希望も、2つの山が見えることでした。
しかし、設計前の調査では、2階レベルから、弥彦山は望めましたが、角田山は、前の家に遮られ、山裾しか見えませんでした。そして、今は見える弥彦山も、将来、新しい家が立つと、見えなくなる可能性があります。

例え、見えなくなったとしても、2つの山は、この場所にとってのアイデンティティーであり、敷地の外に広がる、大きな世界を示唆する存在です。2つの山の存在を、生活しながら、つねに意識させる羅針盤として、この住宅をつくりました。

2つの焦点:家の正面は、敷地の角度とは無関係な2つの斜め面から構成されています。
一つは、住宅の中心から弥彦山に向かう軸の直交面であり、もう一つは、角田山に向かう軸の直交面です。
将来の変化も想定すれば、直交面の開口部が提供するのは、「山の見える風景」ではなく、周囲が変化しようとも、大きく変わることなく存在し続ける、地域の原器としての「山の暗示」です。そして、ここはまた、その2つの山系が交差する場となります。

「引き伸ばされた1階」と「縮められた2階」:1階は、長い廊下が続き、廊下の両端は、鏡張りとなっています。
鏡の効果で、廊下の奥行は、実際の距離より、はるかに長く引き伸ばされます。そうやって、1階では、実際以上に、奥行を長く演出しています。
廊下壁面を濃い色で仕上げる一方で、両側のガラス窓から明るい光を入れて、視覚的に、壁面の暗さを際立たせています。2階の空間との差異を、より大きくするためでした。

2階は、2つの直交面に向かって、放射状に開いた空間です。洗面所も上部は大きな欄間で一つにつながり、窓から明るい光が差し込みます。
平面的には、壁や家具が放射状に配置され、断面的には、部屋奥から窓に向かって、天井に上向きの勾配が付いています。
逆パースペクティブを付けることで、1階とは対照的に、奥行を縮め、外部の環境を引き寄せ、直交面と、「山の暗示」を、より身近に意識させようとしました。
2つの直交面は、鈍角でぶつかります。平面や直角の窓とは違い、環境の中に、室内が、やわらかく入り込んで行く効果を生みました。
そして、また、鈍角で町に対して突き出すことで、少し生気に乏しい街並に対して、この建築自身が、今度は小さなランドマークとなることも意識しています。

フューチャースケープ建築設計事務所のプロフィール写真

フューチャースケープ建築設計事務所

石井 大五

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
竣工年
2008
部屋数
指定なし
家族構成
指定なし
構造
木造軸組住宅(在来工法)
所在地
新潟県
ロケーション
郊外