建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
小金井の住宅 ー 前原の若い櫻 | 小金井の住宅 ー 前原の若い櫻
小金井の住宅 ー 前原の若い櫻
フューチャースケープ建築設計事務所

小金井の住宅 ー 前原の若い櫻

もっと見る

夫婦+子供2人のための住宅。北側が水路越しに小学校の桜並木に面しています。
環境との関係を尊重することで、そこに住む家族にとっては、その場所を選んだことがプラスとなり、地区にとっては、街並みへの貢献となる建築をつくろうとしました。

「環境との関係:桜のシーンの空間化」

桜の風景(=環境)と家族の生活を近づけるために、室内のどこにいても桜の姿が重なり合うように、さまざまなシーンをつくりました。

①1階廊下 高さ3.1mの大きな窓一杯に桜が映ります。室内とテラスの仕上を連続させ、屋外の並木道を歩くような近接した距離感で、桜を感じます。
②地階 ①の窓を下から見上げる形で、梢の濃い緑が、より高く、重量感を持って迫ります。
③廊下より半階上がった個室 全開すると幅7.3m×高さ0.6mの水平開口部を通して、細い緑の帯が見えます。全景は見えませんが、揺れる葉の様子や光の微妙な濃淡など、桜の部分の気配が強調されて、伝わります。
④2階居間 南北とも、間口6.6m×天井一杯2.4mの大きな窓を持ちます。室内とベランダの仕上を連続させたこと、両側に視線が抜け、風が通ること、天井に樹影が映り込むことで、室内にいながら、梢の中に浮かぶ感覚を味わえます。春には、花に包まれるような時間を体験できます。

⑤高さによる仕上の違い 地階は外断熱のコンクリート打放し、1階は板貼り、2階は白で仕上げています。階段を上下すると、階毎に仕上が切り替わります。
高さ方向の広がりを意識させる仕掛けであり、また、桜のシーンをそれぞれくっきりと浮かび上がらせる背景でもあります。

各階とも、風の流れに沿って南北の窓を配置し、1階には、通風の突出し戸も設けました。折戸により部屋を仕切ったり、開けたりできます。
春から秋は、桜並木の温度効果もあり、折戸を開けると、風が抜けて行きます。冬、折戸を閉じると、各部屋毎に暖房できるようになっています。

「環境との関係:景観的配慮」

鋼板張りの外壁は、板状加工のため、一見すると板張りに見えます。近隣の古くからの住宅街で見掛ける、板張り仕上をイメージしました。黒は、周りの家でよく使われる色であり、また、盛夏、桜の濃い樹影とつながる色として選びました。
新しくできる家が、地域の景観にとって、大きな負荷とならず、良好な住宅街の雰囲気に貢献するように配慮した結果です。

http://www.future-scape.co.jp/g200303works/g200303worksimage/g2003e15houseinkoganei/g2003e15houseinkoganei.html

フューチャースケープ建築設計事務所のプロフィール写真

フューチャースケープ建築設計事務所

石井 大五

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
竣工年
2004
部屋数
指定なし
家族構成
指定なし
構造
木造軸組住宅(在来工法)
所在地
東京都
ロケーション
都市