建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
保土ヶ谷S 猫と子供と友達と。自然エネルギーを取り込む集う家の建築事例写真
保土ヶ谷S 猫と子供と友達と。自然エネルギーを取り込む集う家
一級建築士事務所 まんぼう

保土ヶ谷S 猫と子供と友達と。自然エネルギーを取り込む集う家

保土ヶ谷S 猫と子供と友達と。自然エネルギーを取り込む集う家の建築事例写真
キャンバスに追加する
写真を拡大する
もっと見る

傾斜地に整備された閑静な住宅地に建つ、夫婦と子供と猫1匹のための住宅です。

家族の気配が感じられる家、友達を気兼ねなく招待できる家、太陽光発電のある家。
これらの要望を実現するために、プライベートを維持できる、開放的で緩やかにつながる
空間構成を提案しています。

具体的には、1階と2階をそれぞれパブリックなエリア、プライベートなエリアとし、お風呂や洗面等の水廻りをあえて2階へ上げ、来客がプライベートエリアに立入らない構成としました。また、2階は廊下ではなく吹抜けに繋がるオープンスペースが、個室、水廻りをつなぐ配置とし、2階の気配が階下に伝わるように配慮しています。このオープンスペースは、テラスへも繋がっていて、1階から2階、そして外部へ抜ける視覚的にも、環境的にもダイナミックな空間構成を生み出し、風通しの良い明るく開放的な室内実現する要素となっています。さらにオープンスペースは、プライベートなリビングとして家族それぞれが自分の時間や場所を確保できる空間であるだけでなく、吹抜け部分の手摺を透明にして、猫とのコミュニケーションが取れるようにすることで、晩年を穏やかに過ごす猫のための場所にもなっています。

1階の奥に設けた多趣味なご主人のための趣味の部屋は、こもり過ぎないスペースが欲しいとのご要望から、階段の手すりを兼ねた縦ルーバーで穏やかな領域分けとし、小上がりにしたリビング続きの和室と共に、穏やかに領域分けされた、ワンルームに近い開放的な1階を実現しています。

南傾斜の屋根を持つ個室と、北傾斜屋根を持つ個室がV型の屋根を形成しながら突出する特徴的な外観は、これは太陽光発電のための南傾斜屋根とロフトを確保するための北傾斜屋根から生じた必然性のある形で、南傾斜屋根はそのまま片流れ屋根となり、リビングの南面に対して有効な庇を形成しています。

一級建築士事務所 まんぼうのプロフィール写真

一級建築士事務所 まんぼう

一條美賀+一條太郎

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
竣工年
2013
部屋数
4
家族構成
夫婦(子供あり)
構造
木造(全般)
敷地面積
150㎡〜200㎡未満
延床面積
100㎡〜150㎡未満
屋根仕上げ
リシン吹付、焼杉板貼り
内装仕上げ
AEP、クロス、構造用合板OSふき取り
床仕上げ
無垢フローリング(オーク)
住設メーカー
ハーマン(ガスレンジ)、cera(浴槽)
建ぺい率
40
容積率
67
予算帯
2500万円以上〜3000万円未満
所在地
神奈川県
ロケーション
住宅地
家づくりチーム

本間建設