建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
時の経過と共に庭の樹木も生長し、落ち着いた空間となっています。 | 若ヶ谷の家(竣工後11年の写真)
若ヶ谷の家(竣工後11年の写真)
川添純一郎建築設計事務所

若ヶ谷の家(竣工後11年の写真)

時の経過と共に庭の樹木も生長し、落ち着いた空間となっています。 | 若ヶ谷の家(竣工後11年の写真)
キャンバスに追加する
写真を拡大する
もっと見る

若ヶ谷の家は2003年に竣工し、11年目になる2014年に、再度撮影を行いました。
時を経ても、タイムレスに美しくあり続ける様子を記録したいと、考えました。

敷地の4面のうち2面は道路、1面は用水路を隔てた隣地に接している為、直接の隣地は西面
のみです。それぞれ銀行、郵便局、住宅、集合住宅が建ち、2~3階建ての低層の建物に
囲まれています。

元々この敷地が開けた場所であった為、道路の交差する角は、以前の見通しを確保できるよう
5.5m×9.0mのオープンスペースとしています。

建物は日本の風土の特性を生かした計画です。東西に長く配置しています。また、庇の深さを
1.1mとし、通風と直射光に配慮しています。

熱環境ではパッシブシステムを組み込んでいます。屋根面から集熱した空気をダクトで引き、
夏は排気し、冬は暖気として使います。
システムへ供給される電源は太陽光発電を使い、環境負荷の低減を実現しています。

使用している材料は、木、石、珪藻土など無垢の材料を極力用いています。
時の経過とともに美しく変化する様、デザインしました。

川添純一郎建築設計事務所のプロフィール写真

川添純一郎建築設計事務所

川添 純一郎

トライアル会員
トライアル会員とは
SuMiKa上で「トライアル」的に活動している会員を示します。この会員の実績を見ることはできますが相談や依頼をすることはできません。
通常営業中です
部屋数
指定なし
家族構成
夫婦(子供なし)
構造
木造軸組住宅(在来工法)
敷地面積
300㎡以上
延床面積
100㎡〜150㎡未満
外壁仕上げ
モルタル下地、砂状塗材コテ仕上
屋根仕上げ
ガルバリウム鋼板
内装仕上げ
珪藻土塗り
床仕上げ
杉フローリング
住設メーカー
cera、miele他
所在地
兵庫県
ロケーション
住宅地