建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
あいだの家の建築事例写真
あいだの家
藤井秀幸建築計画
もっと見る

昭和の団地開発で2つの団地にはさまれた細長い段差の有る団地と団地の"あいだ"の土地でに建つ木造住宅。
造成にとり残された土地に、カフェの様なモダンな住宅を建てたいという事が、施主の希望である。
細長く、段差の有る土地を生かし、立体感の有る構造を持ち、斜面に沿って吹く風や、北側斜面を逆手に光を取込みインテリアを楽しむ、アーチをくぐり抜けていく住宅です。

藤井秀幸建築計画のプロフィール写真

藤井秀幸建築計画

藤井 秀幸

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
竣工年
2014
部屋数
2
家族構成
夫婦(子供あり)
構造
木造軸組住宅(在来工法)
敷地面積
200㎡〜300㎡未満
延床面積
50㎡〜100㎡未満
建ぺい率
60
容積率
100
予算帯
1500万円以上〜2000万円未満
所在地
広島県
ロケーション
郊外