建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
KU.buildingの建築事例写真
KU.building
有限会社atelier A5建築設計事務所
もっと見る

狭い敷地においては床を積層させていくことで、要求される面積を確保するのが順当手段であるが、収納や構造、設備といった動かない部分と人が活動するためのフリーな部分のあり方を再検討することで、狭小地におけるさらなる最大限の面積確保を提案している。
収納、設備をまとめたヴォリュームを出窓状に外壁よりも外側の層間に配置することで執務スペースを建築面積一杯に確保しつつ、フレキシブルな空間を形成している。
収納、照明、空調、電気設備は全て、この出窓状のヴォリュームから執務スペースへと供給される。出窓状のヴォリュームの上下は天井、床まで全て開口部となっており、周辺建物と視線をずらしながら採光、通風、外部への視線を確保している。また、出窓状のヴォリュームは耐震要素としても機能しており、100角の無垢柱によって床と共に各フロアに積層されている。

床の積層に加え、収納、設備、構造を外壁の外側に積層させていくことで、狭小地においてフレキシブルな空間を最大限に確保している。

有限会社atelier A5建築設計事務所のプロフィール写真

有限会社atelier A5建築設計事務所

清水 裕子+清水 貞博+松崎 正寿

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
竣工年
2008
部屋数
指定なし
家族構成
指定なし
構造
鉄骨造
敷地面積
50㎡〜100㎡未満
延床面積
100㎡〜150㎡未満
予算帯
5000万円以上
所在地
東京都
ロケーション
都市